北海道社員旅行(番外編・札幌市電 1995年)

北海道社員旅行の最終日、飛行機まで時間がなかったので札幌市電を撮りに行きました。
 
確実に?コマをかせぐためか車庫に行ったようです。
えらくたくさん撮っていますので、現役でない車両を中心に紹介します。
 

330型332号。現在は3000型に更新されたそうです。
 
 
 

M100型M101号。Mc+Tcの連結親子電車の親。子が廃車になりワンマン化されて親のみ生き残っています。
 
 
 
 

これも330型335号。廃車後、車体のみ保存されているそうです。
 
 
 

1両だけこんな塗装の電車がいました。よく判りません・・・。
 
 
 
 

これも330型333号です。
 
 
現役の電車の画像も外したら330型ばっかりになってしまいました。他にもいろいろ撮ってるんですけど・・・。
 
 
 
 

「ササラ電車」で有名な除雪電車「電1型」。これは電4号らしく現存しません。
 
 
 
 

ササラ部分をアップで。本当に竹なんですね~。岐阜の雪では折れてしまいそう(^_^;)
 
 
1995年2月3日撮影
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 

コメント

nagara2033556kinka

No title
路面電車に旋回窓とは北国らしいです。

おざよう

No title
>>つぼさん
まあ除雪車ですから・・・(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ