EF58-38(広)

36号機に続くのは38号機です。
 
岐阜在住の頃、広島区のゴハチは縁のないカマでした。
 
でも、たま~に団体列車を牽いてやってくる事もありました。
当時、大窓のゴハチはいなくなった後で、広島区ゴハチの場合一体式ヒサシをつけた81号機みたいな「変わり種」を好んで撮っていたので、PS22Bパンタ以外のコレといった特徴が判らなかった38号機は「ハズレ」の部類だったかな??
 
 

12系10連?の団体を牽くEF58-38号機。12系の長い編成なんてしょっちゅう見られた頃でした。
(右端の変な白色模様はフィルム被りです)
 
 
 
 

同じくEF58-38号機牽引12系下り列車をちょっと俯瞰気味で。
こちら側はナンバー取付位置がちょっと低いようですね。
 
 
 
 

これはEF58-38牽引上り12系お座敷列車(広島区?)
 
今見ると汽笛カバーもヘンですねぇ。
 
38号機は1984年まで長生きしましたから、結構撮っています。今回は1981年頃の画像ばかりです。
 
岐阜~岐阜(貨)にて
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ