名古屋空港にていろいろ(1995年)

一応鉄道ブログなんですが、1995年頃は鉄熱がちょっと冷めて、飛行機の撮影に熱を上げていましたので、飛行機の写真もアップしてみます。
 
というのも、この頃は会社の知人に名古屋空港の民間機撮影に誘われたのと、FS-X(今のF2)初飛行がいまかいまかと騒がれていた頃でしたので、休みの日は結構名古屋空港へ通っていたのです。
 
もちろんセントレア開港前ですから「名古屋国際空港」の時代で、あらゆる飛行機が飛んできました。
 

名古屋空港のRW34を離陸するJALのMD-11 JA8585「クマタカ」。JALはMD-11を導入するさい、「J Bird」の愛称をつけ、ウィングチップに鳥の絵と名前を描いたりして結構宣伝していましたが、燃費の悪さや事故の影響などで、1993年に導入したのに2004年には全機退役して売却されています。
 
 
 
 

日本アジア航空のDC-10 JA8532。よく判らないですが、知人が「センターギアー装備じゃん」って言ってました。
 
 
 
 

キャセイパシフィック航空のボーイング747-300?。当時の新塗装だったようで・・・。
 
 
 
 

JALのJA8581「ヤイロチョウ」MD-11と離陸するキャセイパシフィックのB747-300。
 
このアングル結構好きでした(^0^;)
 
 
 

名古屋空港は今でもですが、思わぬ自衛隊機がやって来る事も楽しみの一つです。これは入間の航空総体からやって来たT-33A。胴体下に何かついています。トラベルポットの類でしょうか??
T-33も「また来たか~!」なんて嫌われていたのですが、あの悲劇的な事故で一気に飛行停止~引退となってしまいました。
 
 
 
 

名古屋空港ではいつでも見られたT-1。知らぬ間に引退していました・・・(^_^;)
 
 
1995年6月8日撮影  つづく。
 

コメント

まっち

No title
私が飛行機を興味持ったのが2005年
その時はJALの3発機はほとんどいなくて、残り4機だったDC10を成田まで撮りに行きましたよ~
DC10かMD11ってセンターギアがあるなしがあるんですよね~
あんまり気にした事なかったですが…

おざよう

No title
>>まっちさん
私の場合、飛行機は1982年頃から撮っていますが戦闘機ばかりで、民間機をまともに撮り始めたのはもっと後です。
DC-10のセンターギア装備って国際線対応機種だったかな??
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ