Space Battle Ship ヤマト

今日は月曜日。一部の映画館はメンズデーで1,000円で見られます。
 
中6日働いたので、見に行ってきました。
 
Space Battle Ship ヤマト
 
早い話「宇宙戦艦ヤマト」の実写版です。
 
いろいろ言われていますが、結構楽しめました。
特にあのVFXはスゴイです。
 
 
 
 
 
アニメ映画ヤマトの世代としては、確かに木村拓哉の古代進はおっさん過ぎるし、黒木メイサの森雪は多少違和感が・・・。特に「古代さん!」って呼ぶのは気に入らないね~。森雪は「古代クン!」でしょ??
でも、まあ別の物語として見れば、演技も上手だし、見てて興味深かったです。
 
気に入らないのはガミラスやイスカンダルの設定。
まだ上映中の映画ですから詳しく書くのは自粛しますけど・・・。
人間味がなさ過ぎる・・・。アニメ「ヤマト」の良さは敵も人間味溢れてる点だったんだけどな~。
 
 
多治見の採土場や揖斐川町のダムでロケしてます。
あと、伊良湖でもロケしたようですが、どのシーンか判らなかった・・・。
 
 
 
 
この映画カラフルタウンで見ました。
映画前にフードコートへ。あんなに店少なかったっけ?驚きました。
 
オムライス王国?で鉄板オムライス大盛を注文。
画像はないですが、想像以上に多かった!しかも鉄板だから熱い!!
しかし、映画始まるまであと10分・・・。慌てて食べて口の中火傷しました(^_^;)

コメント

でんでん

No title
自分も「SPACE BATTLESHIPヤマト」鑑賞致しました。
概ね、おざようさんの感想に賛成ですね。

せっかく声は伊武雅刀なのに、デスラーがあれでは… とか、
物語の後半が「さらば~」の方へ移行してしまっている、とか、
「何で 森雪が生活班/班長じゃないんだよ~!」 とか、
アナライザーが… とか、色々と気になる点はありましたが、

佐渡先生が、ビックリするほど綺麗なのには驚きました(爆)

昔から、大のヤマトファンですので、実写化として楽しみました。
中坊当時、西柳ヶ瀬劇場まで足を運び、何回も観ましたよ。
あの頃、西柳ヶ瀬は危険な街だったじゃないですか?
「何でピカデリーやロイヤル劇場じゃないんだろ?」と思ってましたよ~

PS. ワープのシーンでTVシリーズのような画を期待してたのですが
残念ながら何も起きませんでした(笑)

おざよう

No title
でんでんさんコメントありがとうございます。

やっぱあのデスラーはね~。せっかくホンモノの声なのに・・・。

>>ワープのシーンでTVシリーズのような画
黒木メイサがそんなシーン演じたら、もっと話題になってますって(笑)。
でも、ワープする時にキムタクと黒木メイサが倒れこんでいって・・・。エンディングで二人の子供がいるって???どういうこと??(以下自粛)とは思いましたけどね(爆)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ