初めてデータ化した写真(2)





同じCDには谷汲線や揖斐線末端区間の様子も写っていました。
その中の一部を紹介します。

1枚目:モ513他が入線していました。さよなら看板は控えめでしたが・・・。
2枚目:増発により北野畑での交換も行われました。今でもここは一部線路が残っていますが廃墟です・・・。
3枚目:同駅での通票交換風景。
4枚目:モ754+755を珍しく流してみました。

ところで・・・。でぃっくさんのブログを見ると写真と説明文が交互に入っている。私のは写真が全部先に出ています。何の設定が違うのか未だに判らなくて調査中です。

コメント

でぃっく

No title
おざようさん、毎度です。

実に精力的に更新されていますね。コメントが追いつきません(笑)

前の記事も懐かしいですが、この記事も懐かしいですね。

実は私が鉄道写真に手を付け始めたのがちょうどこの頃で、私もそれなりに枚数を撮っているのですが、今から見ると、とても正視に堪えないのばかりです(T_T)

510もきっちり順光で沿線で押さえられていますし、北野畑も、谷汲線末期のカオスだったことを考えると、撮影者が写り込んでいないのが不思議なくらいです。

750形の流し、おざようさんには珍しいですね。編成の最後までピントが合って、いい感じです。

でぃっく

No title
さて、私のブログで写真が文中に入っているのは・・・

ブログの画面で、右上にあるヘルプをご覧ください。
よくある質問の中の2番目(と3番目)に答えがあります。

ちなみに、HTMLタグのように、文に装飾を付けたりするのもこの「Wiki文法(Wikiタグ)」で出来ます。
HTMLタグほど表現は豊富ではないようなのですが、結構いろいろなことができるようです。

私としては、HTMLメールのように、もっと直感的なGUIで操作出来てほしいのですが、これでも全部タグを手打ちにしていた時代から比べると、随分表現は簡単になったんでしょうね。

知ったかぶりになってしまいましたが、先輩諸氏のブログを見て、これどうやってやるのかなあ・・・と調べただけで、Wiki文法なんて使ったことはもちろんなく、今まで存在すら知りませんでした(笑)

このHPなど
http://www.bannerkoubou.com/wiki/
を使うと楽ちんですよ。

おざよう

No title
でぃっくさん、毎度です。
そうなんですか!「このWiki文法って何?」と思っていたところでした。ウィキペディアの一種?かと思ってたくらいで(;^_^A アセアセ…

510は有名な場所からの撮影ですが、何で看板がそのまま写っているのか自分では納得がいかない写真ですね(トリミングする時間がなかったです)

北野畑はこの1本前の離合ではいっぱい人が写ってます。この写真は750の谷汲行きが到着してドアを開ける前に移しているようですから、人が少写ってないものと思われます。

750は510とほぼ同じ場所(谷汲~長瀬)ですが、同じ写真になるのをあえて避けるために流してみたようです。あまり貼ってませんが、流し撮りは結構好きですよ。今みたいにデジじゃないから、連写は出来ないでしたけど・・・。

TOBBY

No title
おざようさん、こんばんは。
懐かしいシーンですね。この頃、敦賀から北陸線沿いに「しらさぎ」を撮影したり、名鉄の廃止決定区間を撮影したりしながら北海道から帰省しました。フィルム時代の流し撮りは、遠慮がちにしたものでした(苦笑)今は数打ちゃ当たるで撮ってしまいますが…

私も写真が全部上にいってます。同じ悩みを持っていました(笑)
でも、短文で乗りきれるので研究していませんでした。
でぃっくさんの情報で私も成長するときがあるでしょうか?

おざよう

No title
TOBBYさん、毎度です。

私は普段鉄の時は出来るだけ鉄道利用で撮影に行きますが、谷汲線や揖斐線は地元のうえ、電車利用はあまりに非効率なので、車であちこちで撮影しました。

確かにフィルム時代の流し撮りは一列車せいぜい2枚でしたね。デジの今は一列車5~6枚当たり前ですからね~~(^^;;

画像が上にいく件はでぃっくさんに教えて頂いたおかげで、意外と簡単に出来ました。HPに記載の事項まではやる気がない?ので、ヘルプにある
【例】3番目に添付した画像を中央に配置する際の記述
[[attached(3,center)]]
を使ったら簡単でした。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ