285系3000番台甲種輸送(1998年)

「サンライズ出雲」などで有名な285系は3編成のうち、2編成はJR東海の所属で3000番台になっています。
基本的な仕様は同じですが、サンライズの場合、運賃収入がJR東海にもかなり入るためか共同製作になったのでは?と言われています。
 
285系3000番台はEF66-4牽引で甲種輸送されました。終点は大垣、夜間でしたが何とかバルブで撮れるだろう~とふんで出撃しました。
 
し・・・しかし大垣駅の0番線?ホーム端は真っ暗・・・(>_<) 対向ホームはあるものの、照明は必要最小限しかない・・・。
でも一応撮りました。
 

シルエットで何とか285系って事は判りますよねぇ~。
 
 
 
 

在来線列車の車内照明を借りて撮影。
 
 
 
 

大垣駅から大垣区への入区は117系4連が牽引しました。この編成は撮れなかったです~。
 
 
1998年4月5日撮影 大垣駅
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。 

コメント

hek*de*

No title
こんばんは。碧電です。EF664が牽く285系甲種。当時私は大阪勤務でしたので、大阪で撮影しています。城東貨物線内でDD51を。摂津富田へ移動してEF664号機も撮っています。同じ日ということになりますね。露出が厳しかったですが、なんとか撮れました。
大垣到着は当然夜になっていたのですね。117系で牽いたのも貴重なシーンです。クモヤ145では牽けなかったでしょうか。その点、クモヤ90はモーターが142kwで力があったため、入換では重宝されていたようです。

おざよう

No title
>>碧電さん
ところでこの甲種はどこのメーカー製でしょうか(^_^;)
Wikiには日車製になっていますが、甲種の向きが逆ですし、私は日立と思い込んでいたのですが・・・。近車でしょうか??

311系の時はクモヤ90が牽きましたが、この時は117系でした。145の方が出力が小さかったんですねぇ~。

hek*de*

No title
BSフジの「鉄道伝説」で見たのですが、鋼体を車両メーカーで。内装をミサワホームが担当しています。甲種自体は間違いなく近畿車輛から出てきたものですが、鋼体だけ日車で造って近車へ入場させたという記憶はないですね。
ミサワホームにいろいろな工場を回らせたのでは効率が悪いはずですし、工期がなかったとのことですので、内装は全て近車で行っているのではないかという気がします。

hek*de*

No title
続きです。書き込み後に調べてみましたが、wikiからリンクの日車のHPに完成編成写真が出ていますね。内部はガランドーで近車へ送ったのではなさそうです。東海車2本のうち、1本が近車。もう1本は日車ということかも知れません。
ちなみに、ミサワホームの社員が倒れるほどの激務だったようです。

おざよう

No title
>>碧電さん
日車製がやっぱりあったのですね。
っていうかJR東海所属の3000番台は1本だと思い込んでいました。
少なくとも日立では製造してないようですね(^^;;
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ