大井川鐵道SLナイトトレインの前に・・・1(2014年)

速報記事に書きましたが、2月22日恒例イベント「SLナイトトレイン」に参加しました。
 
最初は電車で行くつもりでした。しかし、このナイトトレインに参加した場合、夜遅くなるのは当たり前で、掛川から新幹線に乗って何とか当日岐阜駅まで戻っては来られますが、そこからの足(バス)がない・・・。駅前に車を駐車するもの高くつく・・・。
結局、同行のA-TSU氏の車に乗せてもらうことに。
 
私は2年前にも参加しました(その時の記録はコチラコチラなどを参照)。
その時はナイトトレインの乗車は復路のみだったので、逆に「かわね路」号は一往復半運転されました。今回は往復乗車なので、一往復しか撮れません。
で、大井川に行く以上は電車も乗りたいので、新金谷駅前に車を預けて撮影するつもりだったのですが・・・。
何と復路のSL列車を撮影して、その後に来る普通電車に乗ると、このツアーの集合時間に間に合わない・・・。やむを得ず撮影も車での移動となりました。
 
プラザロコでの受付を済ませ、新金谷駅反対側の公園へ。
 
まず撮ったのがこれです。

鳩マークが復活した京阪3000系と定期検査中の南海21001F。京阪3000系は故障がちで休車の事が多かったのですが、3月ダイヤ改正での減便もあってか引退が決定し、「さよならツアー」が行われました。2月14日が最終運行でしたから、まだ構内に留置されていました。
 
 
 
 

こちら側は形式写真が撮れました。今後どうなるのか・・・。やっぱり解体なのか、それとも千頭で放置プレイか。
 
 
 
 

南海21001Fはピカピカでした。こんなキレイな状態は初めて見ました。
 
 
 
ここでふと気がつきました。SLだけでなく電車も大手私鉄の博物館だった大井川鐵道ですが、元近鉄420系はかなり前に廃車になり千頭で放置プレイ中(未だにHPに載っていますが・・・)。そして元京阪3000系が引退・・・・。そして、元南海21000系が2本のうち1本が入場中・・・。ってことは今日は元近鉄16000系3本と元南海21002Fのみ・・・。こりゃ近鉄特急しか写せないか・・・と。
 
 

C56-44はこの場所に留置中。こりゃ今日は動かないな・・・と思いました。残念。
 
 
 
そして、気が進まないA-TSU氏を無理矢理新金谷構外側線に付き合わせました。
(一昨年の写真はコチラ と コチラ。)
取りあえず京阪3000系の存在は確認出来ましたが、千頭放置状態の近鉄420系・西武320系がひょっとして搬入されてないか気になったので・・・。
 
少し道に迷いましたが何とか到着。上記電車は幸いいなかったです。いたのは・・・。

元養老ランドの静態保存車C12-208です。部品取り車として大井川鉄道にやって来て、最近ではC56-160を復活させるためにボイラーを提供しました。何とかSLの外観は保っていますが・・・。
 
 
 
あれ?もう1両のアレがいない!前回記事の時紹介したC11-312・・・。
C11-312も部品取り車になっていましたが、それがいない・・・。ひょっとして・・・。

気になったのが放置状態のチキ。以前来た時はこんなパイプ類はおいてなかったから・・・。
 
 
 
 
 
 
 

よ~く見るとそのパイプ類に「C11312暖管」と書かれていた・・・。つまりC11-312は解体されてしまったということです。使えそうな部品?のみチキに置かれているのかもしれません・・・(>o<) 合掌・・・。
 
 
なお、元名鉄ク2800形を改造したオープン電車クハ861やホキ・チキは枯れ草に埋もれながらも現存していました。
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

まっち

No title
え?なんでJR西日本のC56160が大井川に?
っと思ったらC5644でしたね(^_^;)

おざよう

No title
>>まっちさん
単なるミスタイプです(^^;; 訂正しました。

同じC56でも、かたやラストナンバーで国鉄⇒JRで大事に使われ管理されてきたSL。かたや泰面鉄道からの復員SLで現地で廃車寸前状態、しかも大井川鉄道がやっとで管理し、ボイラーを予備品と入れ替えたSL・・・・全然違いますよねぇ~。

Sou

No title
これが以前おっしゃっていた鳥葬ですか?

おざよう

No title
>>しおうちさん
鳥葬といえば鳥葬ですね(^_^;)
最近は廃棄物処理もお金がかかるので、JRみたいに体力のない会社はこうなるのもやむを得ないかもしれません。
JR東海みたいに名古屋市が譲ってくれ!って言ってる客車を意地張って解体するのは体力のある証拠です(^◇^;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ