EF64-1048・1050、DD51-835解体される!

昨日、速報でUPしましたが、休車が多かったEF64-1048・1050、そして門司から運ばれてきて動いていなかったDD51-835が4月21日から解体開始し、(たぶん)今日全車解体されました(T_T)
 
 
4月19日頃、いつもの愛知機関区の西側側線(通称:解体線)に3両が並んでいるとの情報を得たものの、20日は家族運用で行けず、21日は一日雨・・・。シンドくなりますが、22日夜勤出勤前に重い腰を上げて撮りに行ったわけです。
 
 
なんでも、21日は雨だったわりに解体作業は着手されていたようで、EF64-1048が21日はほぼ解体終了したようです。私が22日11時頃現着した時には、EF64-1048は台車のみ、EF64-1050は辛うじて機関車としての外観を保っているくらいまで解体作業が進行していました。
 
 
以下、解体画像です。嫌いな方はスルーして、別ページに行って下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナンバーが手書きになると哀れです・・・。車体3方が辛うじて残っていました。
 
 
 
 
 

作業は手際よく、運転台関係撤去・機械室クレーン作業・車体バーナー溶断係と分担して進んでいました。
 
 
 
 
 

機関車は電車のように重機でペシャンとはいかないのか昔ながらの溶断作業が3人がかりで進行していました。
 
 
 
 
 
 

バーナーの火が流れるようにスローシャッターで撮影
 
 
 
 
 
 

DD51-835は未着手でしたが、運転台は空っぽのようでした。
 
結局、何のために門司から稲沢まで運ばれてきたのやら・・・。部品供与のため・・・。
 
 
 
 
近くの陸橋から俯瞰すると・・・。

屋根が全くないのがよく判ります。
 
 
 
 
 

最後の?大物部品をクレーンで撤去しています。手前の台車は1048号機のものと思われます。
 
 
 
 
これでEF64-1000番台はJR東日本の1両も含め5両が解体されました。
 
同じ愛知機関区構内に0番台がず~と休車なのに不思議なかんじです。
ただ、1040・1048・1050いずれも故障がち?だったとかいう話ですから、そのあたりも影響したのかも?
 
 
 
ここまで撮影した所で撤収しようとしましたが、陸橋の下にDD51原色が停車していたので、それを撮ろうと陸橋中程へ出向くと駅方面の機関車たまり場にあの機関車がいるじゃないですか!こりゃ撮らなきゃ!と転進しました。
 
 
2014年4月22日11時台に撮影 愛知機関区構内
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

川ばた電鉄

No title
こんばんは、私が21日に見たときは1048がちょうどこの状態でした。
その後は行っていませんが、解体前のDD51835が撮れたのはよかったです。
貨物の64-1000の白プレート機が全滅してしまったのは残念ですね。

おざよう

No title
>>川ばた電鉄さん
何とか間に合ったってかんじでした。もし夜勤明けに行っていたら、EF64はいなかったでしょう・・・。

EF66はカマ不足なのか?0番台が結構復活しています。その一方でEF64は0番台が休車なのに、1000番台が先に解体される・・・不思議な話です。

ハイパーセントラル21号

No title
おはようございます。
本当に手作業の解体ですね。
西浜では重機ですが、こちらは時間もかかりそうな。
これを見ると・・65,66はまだ維持出来ている方ですね。
新製の国の補助が無い中、運・不運がカマにもあるのでしょうか?

おざよう

No title
>>ハイパーセントラル21号さん
西浜松でも名鉄東名古屋港でもアスベスト処理さえしてしまうと、いとも簡単に重機でつぶしてしまう解体を見てきたのですが、やっぱり機関車は頑丈なんでしょうね。
広島車両所でも同じような解体方法でしかも1両に2~3日かかっています。稲沢は早いです。一日1両のペースですから・・・。



こんな記事がなぜか鉄道コムの「よく読まれた記事」のベスト2に入っており、今日もこの時間で1700名以上の方に来訪して頂いています。ありがとうございます。

TOBBY

No title
こんばんは。

たまたま2年前に撮影した1050号機を見つけました。最近見ないな…と思い、検索してみたところ、おざようさんの記事がヒットしました。解体されたのですね。若い機関車がなぜ?と思いました。不思議です。1048号機も解体されたのですね。こちらは撮影できているのか??のんびりと探してみます。

1050号機の今がわかりスッキリしました。ありがとうございました。
(トラックバックさせていただきます)

おざよう

No title
>>TOBBYさん
1050号機現役の頃を撮っていたのですね~。
EF64-1000はもともと中部地方にいなかったカマで最近こそ撮っていますが、転入して来た頃はほとんど撮っていません。いつの間にやら休車になったり解体されたりしているかんじです。
その一方0番代は愛知区の邪魔物扱いなのか?あっちにいったりこっちにいったりで移動してるのですが、不思議と解体されません。

トラバありがとうございます。

爽(SAYAKA)

No title
こんばんは。
一昨年の春、貨物EF64-1000でクリームプレートなどオリジナルを最後まで保ち続けた1048・1050号機が廃車解体となったのは、懐かしく寂しいです。泣)
この両機は2010年までは岡山配置で伯備線限定でしたが、愛知転入後は関東や重連総括運用にも入り、僕を含めファンの注目の的でした。
しかし、調子が優れなかったのか13年に休車そしてお写真のように昇天となってしまいました。。1050号機は貨物EF64の末っ子でした。
DD835は、乗務員室ドアのみ塗り替えてDD51-1028に移植したと聞いています。やはりドナー提供が名目だったようですね。地味な彼らに合掌します。

おざよう

No title
> 爽(SAYAKA)さん
この当時、運用から外れたEF64-0が長期間放置されているのに、先に車齢の若い1048・1050が解体されたので驚きました。聞いた情報によると致命的な故障をして長期間放置されていた2両らしいですね。
そのEF64-0は知らぬ間に全機解体されてしまい、お召仕様で保存車と思っていた77号機が最近露天放置が多く、色あせてきて行く末が心配になってきました。
まぁ先にPF2両を解体するでしょうけど・・・。

DD51-835のドア移植の話は初めて聞きました。言われてみると画像の835もドアがないように見えます。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ