キハ82系廃車回送(1981年?)

またまた大昔ネタが続きます。
 
JR東海になってもキハ82系は活用されていましたが、末期は西浜松の留置線に運ばれ、浜松工場内で解体されたようです。
 
国鉄時代も他線区からの転入などで、定期的に廃車が発生していました。
 
休車になったキハ82系は各所に留置されたはずですが、不思議と多治見でしか見ていません。
 
そして、その多治見に留置されたキハ80が廃車回送されるのを撮る事が出来ました。
 

多治見→稲沢をEF64-67が牽引しました。キハ80の3両かな?よく考えたらEF64-67って・・・ついこの前愛知機関区構内で解体されたカマじゃないですか・・・。広島工場色に再塗装され保存されるかと思いきや、あっさり解体された・・・。
 
 
 
 
 

ヨとワフにサンドイチされて稲沢を目指します。
 
 
 
 
 

稲沢からはEF60-121が牽引します。国鉄時代はこういうことは固かった(^0^;) 東海道線はEF64は牽引しない。
 
 
 
問題は稲沢からどこに持って行ったのかわからない???
 
鷹取工場かと思うのですが、あそこは機関車の解体がメインだし・・・。
 
新湊も解体業務をやってたけどね・・・。
 

しかも、この回送列車・・・木曽川でパンタ降ろしてマルヨなんですよ・・・(^◇^;)
 
 
 
 
 
ついでに多治見の画像も・・・。

こんなかんじで貨車に混ざって留置されていました。
 
 
 
1980年頃撮影? トリミング・色補正をしてあります。
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 

コメント

ひで

No title
悲しい光景です。解体シーンでないのが救いかも・・

おざよう

No title
>>ひでさん
大昔の光景です。
近年の西浜松の光景は以前アップしましたので、本文にリンクを貼っておきました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ