EF65-500P牽引 ブルートレイン

Nゲージで手に入れたりして懐かしEF65-500Pですが、大昔画像を・・・。
 
私が撮り鉄し始めたのはたぶん小学校5年生の頃で、いわゆるブルトレブームが始まった頃でした。
しかし、EF65-500Pは昭和53年10月ダイヤ改正でブルトレ牽引の任務から外れましたので、そんなに撮る機会もなく、まして11歳~13歳では撮る技術もなかったです・・・(>o<)
 
それでも親に付き合わせて東京駅で撮ってるはずですが、その頃のネガも写真も実家のどこかで眠っており、どこにいったのか行方不明です。
 
 
 
そんな少ない在庫の中から手元にある2枚の画像を・・・。たぶん再掲画像なのでご了承下さい。
 

EF65-536?538?牽引の14系さくら」。なぜか荒田川鉄橋の北側から撮っています。南側が定番のカーブ撮影地だったのですが・・・。さすがにこれだけ古い画像は変色しており、スキャンで補正するのにも限界があります。
 
 
 
 
 
 

EF65-512牽引「瀬戸」。通常、岐阜では下り上りとも深夜でどうやっても撮れない列車でしたが、実際は上り列車が深夜2時頃新聞輸送のため運転停車していました。当時、南正時さんの著書で覚えたバルプ撮影を初めて実行したのもこの列車です。父親の三脚となぜか父親が持っていたバリクロスフィルターを使って撮りました。それにしても、こんな深夜に駅で子供が撮影していても、鉄道公安官は「気をつけて撮ってね」と一言声がけしただけで優しいものでした。
 
 
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

SL-10

No title
こんにちは。

自分はブルトレブームに乗れずじまいでした。
写真があって羨ましいです。

めだか帝国鉄道

No title
こんばんは

南正時さんの著書も鉄道公安官も懐かしいです…
みんな同じ経験をして大人になるんですね~(笑

おざよう

No title
>>SL-10さん
あれ?乗れなかったのですか・・・。
私は鉄子だった母親を付き合わせて東京・上野で撮った記憶があります。写真やネガはどこにあるのだろう・・・。

おざよう

No title
>>めだか帝国鉄道さん
あの南正時さんのポケットブックは子供鉄のバイブルでした。
私のものは現存していないですが、先日どなたかのブログにアップされており、大事に保管している方もいるんだ!と驚きました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ