トワイライトエクスプレス廃止へ

もう多くの方が記事にしていますし、JR西日本の公式発表もあった事ですので今更記事にしても仕方ない気がしますが・・・。
 
 
JR西日本の公式発表にもあるように「トワイライトエクスプレス」は来春の運転を最後に廃止になります。ただ、最終日はまだ未定のようです。
 
 
 
表向きの廃止理由は「老朽化」です。
でもこの発表を額面通りに受け取った鉄は少ないでしょうね。
 
確かに客車の老朽化は進んでいると思います。しかし、かなりの乗車率を維持しており、多くの募集ツアーにも組み込まれているトワイライトエクスプレスを廃止にするのに「老朽化」だけでは説得不足ですよねぇ~。
 
クルージングトレインを新製出来るのだから、新車なり更新車なりを投入出来るはず・・・。ただその気がないだけでしょう。
 
 
では、なぜその気がないのか??
 
私が最初に浮かんだのは
「青函トンネル電圧変更」
の問題です。
 
青函トンネルを新幹線併用にすると電圧が変更になり、従来のED79などは走行出来なくなります。また、工事を深夜に行いやすくするため近年青函トンネルを走る夜行列車は整理されてきました。
そういった影響もあってJR東日本は「北斗星」の廃止を決めたのですが、その一方で客車が新しい「カシオペア」に関しては
「機関車(EH800)をJR貨物から借りてでも(委託してでも)運行を継続する」
と明言しています とどこかで見たのだけど・・・。確認出来ない(~_~;)。
 
そういった事から判断するに、青函トンネルの電圧変更は廃止の遠因にはなるものの直接の理由としては弱いにかな?
 
 
で、多くの方が挙げられている理由が
「北陸新幹線開業に伴う北陸・信越線の第3セクター化」
です。
トワイライトエクスプレスが走っている区間だけで、第3セクターの会社が3社も発生します。(これに北海道新幹線が新函館まで開通するとさらに1社増えます)
ただでさえ、JR東日本・JR北海道との調整が必要なトワイライトエクスプレスですから、これに第3セクター会社が3社も加わると、運賃精算・ダイヤの設定など、かなり煩雑さになるのは素人でも想像出来ます。
しかも、あれだけ長い区間が第3セクター化されるとJR西日本としての運賃収入も大幅に減ってしまいますし・・・。
 
そんなややこしい事態になる前に、車両が老朽化していることもあるし廃止してしまおう!と考えたのでは?あくまで推測に過ぎないですが・・・。
 
 
 
国鉄を分割民営化してはや四半世紀が過ぎました。昔の「親方日の丸」の国鉄時代に比べ、接客・列車ダイヤなど素晴らしく改善されました。
しかし、こういった夜行列車存続問題は分割民営化の弊害の最たるものですね。
寝台特急はどんどん減り、七つ星などのクルージングトレインは自社管内完結運行にしてしまう・・・。悲しい時代です。
 
 
記事だけでも何なので再掲写真をアップしておきます。

千歳線 沼ノ端~植苗を走るDD51-1006他重連「トワイライトエクスプレス」 1995-2撮影
 
 

自慢の展望個室も雪まるけ(~_~;)
 
 
 

新疋田を通過するEF81-43牽引のトワイライトエクスプレス(トリミング済)。2012-1-23
 
 
 

正面ドアップ画像は大好きです(^◇^;)
 
 
 
 
いつかトワイライトエクスプレスに乗って北海道を旅行したいと思っていましたが、かなわぬ夢となりそうです・・・。
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
 

コメント

atsuharu567

No title
自分もトワに乗りたいと思ってましたが無理かも知れません...
残念です。
クルトレは乗ってみたいと思うんですが、高すぎて乗れません。

-

No title
廃止はとても残念ですが、時代の流れを感じますね・・・、と言いたい所ですが、つまり「大人の事情」ってやつですよね。

deppa1006

No title
ご無沙汰しています。

他にもJR西でも新型クルージング列車の登場により、トワイライトエクスプレス自体がJR西のフラッグシップとしての役割を終えそうであることも影響していそうです。

東日本と違い、あちこちに資本を投下することはできそうにないですし、北陸線の経営分離でトワイライトを運行してもJR西には今までほどのうまみはないでしょう。

トワイライトの整備の様子を宮原で見た経験がありますが、サロンカーの手すりに指紋一つ残さないよう徹底した整備が行われていました。現場はあの客車をかなり大事にしている印象を持ちました。

その思いを新型のクルーズ列車に生かしてくれればと思います。

おざよう

No title
>>atsuharuさん
いつかは乗るつもりでしたが、来春まで・・・となると無理ですね(>o<)

おざよう

No title
>> ha1*731*12さん
一言で言えば「大人の事情」ですね(~_~;)
ホント分割民営化の弊害です・・・。

おざよう

No title
>>deppa1006さん
そうですよね~。運賃精算の煩雑さもありますが、運賃収入そのものが大幅に減ってしまいますよね。
クルージングトレインがどうなるか見物です。

nagara2033556kinka

No title
新幹線函館延伸で青函トンネルを通過する夜行は全廃のはずです。
EH800で旅客列車運転の話は公式&報道各社から出てないと思います。
そもそも蟹田~木古内の在来線旅客営業キロが消えるのではないかと思ってますが?

トワイライトでランチ食べると言うやり残しがありますので乗りたいのですが予算が立ちません…節約強行なら京都→富山?

m-tram

No title
おざようさん毎度です。
理由は私がフェイスブックに怒りのあまり書いた「トワイライト廃止に関するJR影の本音」とほぼ一致ですが、電圧の件は忘れてました。
まあ、青函トンネルは新幹線走らせたら旅客在来線一切走らす気ゼロと思ってますのでカシオペアも廃止発表ありと心した方がいいでしょう。
なんせ運行元は205系や211系を20年弱で廃車することに、
罪悪感ゼロの会社なのですからね・・・・・・。
なんか愚痴めいてしまい申し訳ありません・・・・・・・。

佐藤C作

No title
国鉄分割民営化を決めたのが政府ならそれがある、永田町は見方によっては絶望の町かも知れません。
しかし当時の国鉄職員の不始末ぶりに、政府が、激怒したのならそれは仕方ありません。故に国鉄が分割民営化されたのなら、
夜行列車が廃止されてもそれは、仕方ないのかなという気はします。しかし旅情を味わいたい若しくは、
大事にしたいのであれば夜行列車は、必要ですが需要と供給の関係を、考慮すれば難しいところですね。

おざよう

No title
>>つぼさん
勢いで書いてしまったのですが、存続させる云々の記事は見つからないですね~。どこかで見たのですが・・・。
そういえばJR北海道が開発していた「トレイン オン トレイン」も頓挫してしまった感がありますね・・・。

おざよう

No title
>>m-ramさん
カシオペアは廃止にしても、それこそクルーズトレインとして使うんじゃないでしょうか?
まあ廃車にするのが早い会社だから判りませんけど(^^;;;

おざよう

No title
>>佐藤C作さん
国鉄末期は確かにヒドイ状態でした。
それが今ではJR東海など「大卒社員の人気No.1」の会社ですから・・・。

「たら・れば」になってしまいますが、分割民営化でなくて民営化だけにしていたら、状況も変わっていたでしょうね。

夜行列車の維持・・・難しいですね。

syo

No title
おざようさん。ご無沙汰しています。私もこのニュースを聞いてビックリしました。今頃大阪駅や山崎カーブなどすごい人になるでしょうけど、いい記録に残して生きたいですね。

今話題になっている西のクルージングトレインは今のところ中国・山陽・京阪神が限定みたいですね。遠い将来、北陸や東海、九州などの自社以外のエリアにも乗り入れるといいですね。そしたら、ななつ星とのツーショットも狙えるかも。

ひで

No title
実のところ寝台全廃は分割民営当初から決まっていたらしいです。
でも、営業努力もせずに乗客の利便性無視はないと思うのですが・・

まだまだ需要はあるし、努力すればサンライズのように乗車率も向上するはずだと思います。

こういう列車がなくなると鉄道の魅力は大きく減りますよね。
東海道線も単なる通勤路線になり果てて久しい印象が強いです。

東海道線沿線から引っ越しを決意したのもそのころでした。

おざよう

No title
>>syoさん
まあ最近の報道から判ってはいましたけど、いざ正式発表されると悲しいものがありましたね。しかも1年早まったし・・・。

クルージングトレインの他社乗り入れ・・・難しいでしょうね~。特に東側はJR東海と第3セクターばかりですから・・・。

おざよう

No title
>>ひでさん
確かに分割民営化からの長期課題だったのかもしれません。
民営化当初はブルトレの需要もそれなりにありましたし・・・。

乗車キロでの収入精算は大きかったかな?
九州ブルトレは手間のかかるJR東日本に東京~熱海の運賃収入しか入らないし、JR九州も似たようなもの。
トワイライトも同様の理由で運賃収入が激減してしまうから、維持する意味がないですし・・・。

逆にサンライスは最近妙にマスコミに取り上げられていますね。
「女子会しながらパワースポット出雲大社に行ける列車」
って(^_^;)

佐藤C作

No title
国鉄職員の不始末ぶりは1982年に発覚しました。その頃は国鉄の抱えていた赤字が遂に、1兆円を超えましたのでこれでは、政府が激怒するのも無理はありません。
その三年後の1985年に国会で国鉄の分割民営化が決定し更に、その二年後の1987年に実行へと移されましたので結局当時の、国鉄は自分で自分の首を絞めていたのではないかと思われます。
事実、不始末に走った国鉄職員の中には何と、飲酒運転で寝台特急の客車と衝突する、事故を起こした職員もいたそうです。因みにその事故は私の地元の名古屋駅で発生しました。

おざよう

No title
>>佐藤C作さん
元をただせば国鉄の赤字は「我田引鉄」で採算が取れるはずもない路線をどんどん増やした国会議員&国・接客そのものが出来ない一部不良職員が相乗効果?で引きおこしたと言えます。

分割民営化のきっかけは、名古屋駅の紀伊号機関車飲酒衝突事故、西明石?のブルトレ飲酒激突事故が2件続いたことでした。飲酒や勤務時間内の入浴などバッシングが相次ぎました。

ちなみに小さい写真ですが「紀伊」号衝突事故の記事もアップしています⇒http://blogs.yahoo.co.jp/ozayo1965/17349181.html
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ