2005年愛知万博輸送列車(愛環編)

愛・地球博の観客輸送の主役的な存在だったのは愛知環状鉄道でした。
 
もともと国鉄~JR東海の赤字ローカル線「岡多線」を引き継いだ区間と未成区間を開業させた第3セクター会社です。それが、あの万博輸送を担う事になったからそりゃ大変です。
Wikiの記事によると、不足する運転士は近鉄からの出向・車掌は近鉄およびJR東海からの出向者でまかなったそうです。
 
 

開業時からの在籍車両100系(100形・200形・300形の総称)。車体や台車は新製ですが、電装品は国鉄101系の廃車発生品が用いられています。万博輸送終了後の2005年11月で引退し、えちぜん鉄道に譲渡されました。
 
 
 
 

万博輸送と100系置き換えを目的に2003年から投入された2000系。基本的にJR東海の313系300番台とコピーです。万博マスコットキャラクターの「モリゾーとキッコロ」を描いたステッカーが貼られていました。
 
 
 
 
 

2000系や211系はよく来ましたが・・・。撮りたい100系はあまり来ないし・・・(。・・)
 
2000系は313系のコピーだけに、定期検査もJR東海の名古屋工場で施工されます。
 
 
 
 

そのステッカーの接近写真。
 
 
 
 
 

100系を後打ちでようやく撮影。
 
 
この後、万博八草駅で撮影しました。
 
 
2005年9月21日撮影
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
 
 
 
 

コメント

ひで

No title
初めて見ました。こんな塗装で走っていたんですね!

おざよう

No title
>>ひでさん
初めて?ですか・・・(^_^;)
100形は中途半端な新車でしたけど・・・。

ひで

No title
そうなんです。愛知博はまったく縁がなかったので・・

おざよう

No title
>>ひでさん
まあ・・そりゃそうでしょうね。
2005年だと独身の頃じゃないかな(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ