小田急VSE 50000形甲種輸送 あれ?(2004年)

某雑誌に「小田急の新ロマンスカーであるVSE 50000形が日車豊川から出場する」との記事が出ていました。
 
決して近い距離ではないですが、
「新ロマンスカーの甲種輸送なら行くしかないでしょ!」
と出撃しました。
 
というのも、この時点でVSEの外観は公表されていなかったはずだからです・・・。
 
 
 
同じ事を考える同業者は多かったようで、豊川鉄橋周辺はかなりの数の鉄が集結していました。
 
そして、快晴の中、DE10-1725に牽引された50000形がやって来ました!
 
 
 
 
 
 
 
 
と・・・ところが・・・。
 
 
 
 
 
 
「何かヘン!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

な・・なんと50000形は感心するほど見事にカモフラージュラッピングされて出てきたじゃありませんか!
 
 
 
 
 

こ・・・これではどんな外観なのか想像が出来ません。よくここまでマスキングしたもので・・・(^0^;)
 
 
 
たぶん小田急側からそういう指示があったんでしょうけど・・・。
 
 

後ろ側も仮設?の後部標識が目立つだけで外観はさっぱり判りませんでした(^_^;)
 
 
 
自動車の新型車でカモフラージュラッピングして走行しているのはカー雑誌で時々見かけますが、鉄道車輌でここまでラッピングしたのは初めてじゃないでしょうか?
ちなみにVSEの第2第3編成の甲種輸送の時はどうだったのでしょうか?私は行けなかったので記憶にありませんが、フツーに出てきたのかなぁ~??
 
 
2004年11月22日撮影 飯田線 下地~船町
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
 

コメント

あきのす~さん

No title
こんにちは~。
この写真は飯田線なのですね。浜名湖の鉄橋かと思いました。
しかし、過去写真とは言え、このようなカモフラージュ甲種があったのですね。

最近では7つ星の甲種でカモフラージュがあったのが記憶に新しいです。
今のインターネット全盛の時代ではあまり意味を持ちませんが、当時はまだまだ隠す効果はあったのでしょうね。

めだか帝国鉄道

No title
こんにちは

これはスゴイですね!
風圧で飛ばないのでしょうか…?

おざよう

No title
>>あきのす~さん
そういえば七つ星のカモフラージュは徹底していましたね~。試運転まであのスタイルで行うとは・・・。

このVSE、日車の中ではどう隠していたのかが不思議ですが・・・。

外観が楽しみで撮りにいったのに、コレには驚くやらガッカリするやら・・・。

おざよう

No title
>>めだか帝国鉄道さん
たぶん考えているとは思いますが・・・(笑)。
簡単に飛んでいっても困りますが、新車に跡を残してもマズイでしょうし・・・。

ひで

No title
これ、一時期結構話題になりましたね。カモフラージュ甲種の先駆けだったような気がします。

最近は話題性が予想される車両はこうなることが多いようですね。

おざよう

No title
>>ひでさん
パンタ汚損防止の養生は当たり前になりましたが、モフラージュするラッピングには驚かされました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ