EF58-138(宮)

久しぶりの大昔ネタです。
 
EF58の記事は前回東京区の129号機までいきました。130号機からは高崎二区のゴハチなので在庫がないです。
 
そして、次に在庫があるのは宮原の生え抜き機EF58-138です。
 
 
1980年~1982年頃に撮ったと思われる画像を貼ります。

単機回送されるEF58-138(宮)。中折れ式原型ワイパー、原型小窓、ヨロイ戸式フィルター装備です。
 
 
 
 
 

12系の団体列車を牽くEF58-138。12系も長い編成ですね~。
 
 
 
 
 

同じく12系団体列車を牽くEF58-138
 
 
 
 
 

さらに昔の画像かも? グリーン帯が入った福井?のスロ81系を牽くEF58-138
 
 
 
 
 

上記画像と同じ場所・・・。12系?を牽くEF58-138。ちなみに右側の線路は列車が来ない線路で、写っていませんがここに車止めがありました。
 
 
 
 
偶然ですが上記5枚は全て下り列車なので、上り列車の画像も・・・。

今までに何度かアップしたEF58-138牽引の上り荷物列車。よく見ると4両編成ですね~。
 
 
 
 
そして、138号機は晩年なぜか前照灯がシールドビーム2灯化(ブタ鼻)改造されてしまいました・・・。
 
それでもず~と宮原区で過ごし、集中配置の下関で最後の活躍をしました。
 
下関で任務を終えたゴハチは出身の機関区に戻るケースが多かったのですが、138号機は宮原ではなく、米原に戻されました。そこで国鉄末期の機関区公開の展示機として使われました。1984年の稲沢の展示機として貸し出された事も・・・。一番華やかだったのは最後の撮影会だった1985年の米原区公開でしたでしょうか・・・。
 
その記事では貼らなかった写真を・・・。

ヘッドマークは装備されていたものの、ブタ鼻ゆえ他のゴハチと比べると不人気さはどうしようもありませんでした。しかも36号機の側窓7枚を見せるために36号機と138号機の間は一線空いており、138号機を避けて撮影する鉄も多くいたと思います・・・。
 
米原区のゴハチはこの後1985年5月13日に74号機、6月3日に96号機、7月8日に138号機がそれぞれ鷹取工場に廃車回送されてしまい、1985年夏はEF58は36号機のみとなり、ゲストのEF59-1とEF66-901の3両で撮影会を開催したのが最後になったようです・・・。
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

ひで

No title
下から三番目は愛宕踏切でしょうか?

この使っていない線路と岐阜駅5.6番線との合流地点に実は唯一のシングルスリップポイントがありました。ホームから見てどうも気になるので双眼鏡を持ちだして確かにそうであることを確認したのですが、一般にはほとんど知られていなかったような気がします。

ゴハチの話題でなくてすみません。ゴハチのお写真拝見して、もっと撮影しておくべきだったとつくづく思います。流線形のかっこいい車体ですよね!(HO日本型で最初に入手したのは実はゴハチです)

おざよう

No title
>>ひでさん
地元人にしか判らないネタですね(^_^;)
下から3番目の画像は愛宕踏切の西100mくらいの岐阜ガス(現:東邦ガス)立体駐車場の1F部分から撮影したはずです。どちらかと言うと「岐阜街道踏切」の近くです。ちなみに2Fに行くスロープから撮った写真がよく出てくる下から2番目の画像です。

ゴハチの模型・・・まだまだ欲しいです。60号機とか・・・。

料理道場

No title
おはようございます。

ワタクシの知る138号機は、最後のカットのブタ鼻になった姿です。

まさに、米原の撮影会では邪魔者扱いでしたね~

TA-KUN

No title
おはようございます
138号機は晩年にシールドビーム化されていたんですね。
子供の頃に、初めて機番を意識して撮った機関車で想い出に残っています。
自分の撮った138号機TBお願いします。

おざよう

No title
>>料理道場さん
私の知る138号機は原型ライトです(^^ゞ
いつ頃ブタ鼻に改造されたのでしょうか。101号機もブタ鼻でしたが・・・。
米原撮影会は・・・主役が強すぎました。

おざよう

No title
>>TA-KUNさん
トラバありがとうございます。
一訪問者のためにマークを付けてくれたり、機関車を移動してくれたり・・・。今では議員さん?の力でも借りないと不可能な話ですね~。いい時代でした。
不思議と「縁のある機関車、ない機関車」ってのがありまして、私の場合EF58-138とかEF66-901は割と縁のある機関車でした。

あきのす~さん

No title
こんばんは~。
下関転籍組は、運用離脱時に可能な限り元の所属機関区に戻るように配慮されていました。

113号機も戻るはずが、直前に団臨牽引を行ったために米原区に帰れなくなりました。その後、広島工場で解体&保存の道を辿り、結果的に永らくその姿を残したのは何とも数奇な運命としか言えないですね。

以上の背景があり、113号機の代わりに元宮原機の138号機が米原区に行ったと記憶しています。

おざよう

No title
>>あきのす~さん
出来るだけ元所属区に帰れるように運用を組んだって事はスゴイですよね~。かなり大変だったんじゃないでしょうか・・・。
113号機が団体牽引の影響で米原に戻れなくなったとは初めて知りました。以前私がアップした広島構内に休車留置されていた「謎のゴハチ」はめだか帝国鉄道さんのコメントで77号機であることが判明しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ozayo1965/31310118.html
77号機も米原に戻れなかったみたいですね・・・。

まあ、一番気の毒なのが100号機でしたけど・・・。

そういえば金沢から消えた36号機のその後の消息見つからないですね~。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ