航空訓練展示(2)~1995年百里基地

 続編です。
 
防衛政務次官が到着後、すぐフライトが始まりました。
最初は百里F15の離陸&垂直上昇!
 
この辺りのフライトはロクな写真がないので割愛します(^^;;;
 
 
そして、航空自衛隊各部隊のデモフライトが始まります。
 
近い部隊は直接飛来、遠い部隊は入間?松島?などから飛来したらしいです。
 
 最初は小牧のT1の3機編隊。
昔は名古屋空港行くとしょっちゅう飛んでましたが、今一歩写欲がわかない機体だったような・・・。
でも3機編隊はそう見たことないかな??

 
 
 
 
 次は美保のT400の3機編隊。まだT400が新しい頃かな??

 
 
 
 
そして松島のT2の3機編隊。増槽付き。

 なんでもT2の増槽ははめ外しが結構大変だそうで、T2ブルーも朱色の増槽を持っていましたが、フライト上やむを得ない時しか装着しなかった気がします。
昔、T2ブルーの新田原(築城かも?)へのフェリーフライトを岐阜から浜松までわざわざ撮りに行って、増槽が装着されていなくてガッカリした記憶があります。
 
この後は浜松のT4が3機で増槽付きで来ましたが省略。政府専用機のフライトも前に紹介したので省略します。
 
 
 そしてC1の荷物投下訓練。

 複数の機体がいろいろな荷物を投下。その後はC130Hも同じ事をしました。
 
 
 
そして、F4EJ・F15J・RF4Eなどによる派手なデモフライトを実施。対地模擬爆撃や急旋回など・・・。まあ、よく見るパターンですし、これまたろくな写真がないので省略します。
 
 
ただ、これだけは紹介しておきます。百里でしか見れないかな?一度見たかった演出。
 
 
 
 
そうRF4Eのフレア放出!

 天候が悪化していたこともありますが、フレアは滅茶苦茶明るいですね~!AUTOで撮っていたので、フレアの明るさにだまされて露出不足になってしまいました。スキャン時に修正しましたが・・・。
 
一応解説しますと、RF4Eは偵察機なので武装がありません。もし敵機に見つかったら逃げるだけです。もし、逃げるさいに敵機から赤外線誘導ミサイルを撃たれた場合、このフレアをばらまいて急旋回します。そうする事でミサイルは機体よりまかれたフレアを目標と誤認して、機体と違う方向に飛んでいくってわけです。
(なお、F4EJを改造したRF4EJはバルカン砲が残っています)
 
 
 この後のメイン目的だったT4ブルーやT2ブルーのフライトの写真もロクなものがないので割愛します。
 
 

 
 
 
YAHOO!緊急災害募金 一口500円で壁紙を購入する方式。YAHOOポイントを使った募金も出来ます。
楽天市場でもポイントを使った募金が出来ます。ポイントを有効に活用しましょう。楽天カードでも募金出来ます。
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ