ナイスホリデー淡墨桜号

先の記事に出てきましたJR東海の「ナイスホリデー淡墨桜」号ですが、Wikiの記事によると1990年から1999年まで運行していたそうです。ふ~ん初めて知った(^◇^;)
 
その中で1994年と1995年の画像がありました。牽引は名古屋~大垣間はどの年もDD51だったらしいです。
 
 

1994年4月17日撮影。DD51-1037牽引。西岐阜付近。
ちょっと判りにくいですが、淡墨桜の絵をバックに「淡墨桜  JR」と書いてあるようです。
 
 

14系客車にもこのようなテールサインが履いていました。樽見14系との違いの一つでした。
 
 
 
 

1995年4月1日撮影。DD51-821牽引。穂積~大垣??西岐阜~穂積かも??
この年はあの「さくら」号のマークをモチーフし、縦書きで「淡墨桜」と書かれた判りやすいマークになりました。
 
 
 
この年はもう一回撮影チャンスがありました。

1995年4月2日撮影。DD51-821牽引。西岐阜付近。
あれ?一日違いで通称「葉桜さくら」タイプに替わっていました。わざわざ二種類作ったんですね~。
 
 
この当時のJR東海は気合いが入っていました。311系のナイスホリデー号もマーク付きでしたし。
最近は全部「臨時」表示のような・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ