花見禁止令??

また、あの方が物議をかもす発言を・・・。
 
 
「この非常時に花見をするとは何事じゃ!」って言いたいようです。
 
まあ判らないでもない。実際、私は酒が飲めないから「花見=ドンチャン騒ぎ」は嫌いですし、しません。
でも、普通に桜を愛でて何が悪い!と言いたい。
 
戦時中の連帯感を引き合いに出して、そんなことを日本の首都である東京の知事が堂々と言うのはいかがなものか?まるで戦時中の全体主義じゃない??
 
 
 
先の天罰発言といい、今回の花見禁止令といい、こんな発言を連発しても今度の都知事選は「敵なし」の状態だとか・・・。岐阜県民の私には手出し出来ませんが、計画停電で苦労されてる東京都民さん!目を覚ましてね!!
 
 

コメント

piyo

No title
ううーん難しい問題ですね。
上野公園の夜桜の花見は確かにどんちゃん騒ぎで酔っ払うから片付けの問題も毎年あります。人件費もかかっちゃう。
今年はそこに税金使うよりは都内にも1000人の被災者を受け入れていることだしそちらにお金をまわして欲しいと個人的には思います。
治安もあんまりよくないです。もうモラルの問題なんですどね。
新宿御苑などは毎年昼間しか開園しないし、アルコール禁止です。
そういうお花見なら問題ないと思います。
知事選ね~。本当に困っちゃいますよね。入れたい人が全然いないです。
じゃあ「ドクター中松?」なんて本気とも冗談ともとれない意見もよく耳にします(^^;

おざよう

No title
都民のPIYOさん、コメントありがとうございます。

上野公園の夜桜は見たことないですが、「警察24時」でたまに出てくるのを見ただけでも、かなりスゴイようですね。
そのバカ騒ぎに公務員の労力を使うのはもったいないし、仮設トイレは被災地に送って在庫がないし・・。ここまでは理解出来ます。

ただ
「同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感ができてくる」
「戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」
この発想にはどうにも抵抗があります。

何でもかんでも「自粛」「自粛」では経済が停滞してしまいます。もちろんお店で消費してもらえればいいんでしょうけど、花見でのTake Out商品の売れ方にもこの都知事の発言はかなり影響を及ぼすと思います。花見商品で生計を成り立ててる業者さんはえらいこっちゃ!でしょう。

都知事選は確かに・・・入れたい人いないかもしれないですね。最終的には棄権せずに消去法でお願いします(^^;;;;;;

piyo

No title
戦時中発言については都民の多くは「また始まった。」というぐらいの感覚です。前から何度もですから。
震災に影響のない地域は花見や自粛をせず普段通りの生活を送った方が良いと私も思います。
そうそう経済が停滞するからね。
東京都に関しては電車が止まる、計画停電がある、余震もまだある家屋が壊れたところもある、通勤圏でいまだに断水している地域もある、商品もやっと買えるようになってきたというところで、自粛というより夜花見をする気分ではない人の方が多数でしょう。
飲食店はすでに打撃なんですが、夜電車が動かない帰宅難民になる不安感は本当に大きいのです。
けっこうみんな疲れていますよ。
長くなってしまいました>< つづく

piyo

No title
国会議員の選挙を見てもわかるかと思いますが、
東京都は浮動票が多いです。保守的な人は地方よりも少ないです。
暴言をはけば他地方へもニュースとして流れます。
やり過ぎ感はあるものの国政に対しても東京都として強い姿勢でいく、賛否両論ではありますが石原改革も進めていますし、そういうところを冷静に見て支持があるのでしょうね。
それに代わる強い対抗馬がいないでしょう。
東国原さんが国会議員に立候補するならわかるけどね~。
ワタミさんも良い人そうだけどパンチがないよね~。
となると敵なし状態になってしまいます。。。

※私は自民党支持でも石原さん支持でもありません(^^;

棄権したら政治に文句を言う資格はないと思っているので、
選挙は棄権はしたことがですよ(^^)v
さて誰に入れようか(泣)

おざよう

No title
PIYOさん、再コメありがとうございます。

東京都っていっても広いわけで・・・。
難しい話ですよね~。

ただ被災地の方は大変だからといって、被災していない地域が自粛!自粛!ってのもどうかと思います。岐阜市では4月頭にある祭りが中止になりました。また、有名な花火大会が中止される・・・っていう噂があります。

ちょっとヘンですよね~。

都知事選挙(誰に入れるか難しいですね)は私が口出せる事でもないので、他の都民の皆さん棄権はしないように消去法で投票先を決めて下さい。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ