EF58-149(宮)

と~っても古いアルバムに機番順で収納されたEF58を順にアップしていますが、なぜかこの大昔アルバムには宮原の147号機や東京の148号機がありません・・・。
 
っていうわけで、次はEF58-149号機となります。
 
全然印象にないゴハチでして・・・。そりゃそうです1980年に宮原から竜華に転属し、そのまま1984年に廃車になっています。つまり、宮原時代に撮っていないと記録がないわけで・・・。
 
 
でも、撮っていました(~_~;)

20系時代の急行「銀河」と思われます。傾いていたので、思いっきりトリミングしました。
 
149号機は白Hゴム窓でヨロイ戸フィルター化されており、あまり人気がなさそうなゴハチだったようです。しかも、竜華に転属後は当然ブタ鼻化改造され、P形改造もされています。特徴としては、正面窓上の水切りがやたら大きくて、少し上に装備されている点でしょうか。
 
それにしても、EF58+20系なんて編成が毎日岐阜を下っていったんだなぁ~ってつくづく思います。もう少し撮っておけば良かった・・・。
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ