鳥取・餘部・山崎遠征13(2006年)

続編です。前回記事はコチラ

このシリーズ、やっと最終回です。今回は番外編です。


私の場合、2005年秋から借り物のデジイチで撮影し、2005年12月からNikonD50を購入し撮影開始していましたが、この鳥取遠征は一応NikonF80にポジフィルムを入れて持って行きました。まだまだデジタルを信用していなかったのかもしれません。

そのポジで撮影した画像を兄のスキャナーでデジタル化したのが今日紹介する画像です。
10年近く前のことですから、スキャナーの性能も劣りますので、画質はご容赦下さい。




ここでの「出雲」撮影は先日紹介しましたが、別カメラで望遠で撮った画像です。






余部鉄橋お立ち台でも広角系を使って撮っています。






お立ち台では下り「はまかぜ1号」を撮影したので、同じお立ち台で上り「はまかぜ」を撮ると同じような画像になってしまいます。そのため、上り「はまかぜ4号」は鉄橋下に降りて撮ってみました。快晴の中、いいかんじで撮れました。ちなみにこの場所でデジタル撮影はしていません。





真横で撮るよこんなかんじ。あまり広角系のレンズは持っていないので、これが限界でした。




2006年2月21日撮影



鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!






コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ