名古屋空港でのゲリラ豪雨 2001

この頃はまだ「ゲリラ豪雨」なんて日本語はなかったと思います
まあ便宜的に使わせてもらいます。
 
 
この日は日中名古屋空港で撮っていました。
メインターゲットはこの頃予告運用されていたJAL DREAM EXPRESS の2号機
SWEET号がやって来るからであった。
 
日中は晴れていた・・・。しかし、急に雲が厚くなってきた。1/500で撮っていたカメラはどんどん絞りを開けざるをえず、開放値になり、今度はシャッター速度を遅くしていくしかない状態でした。
 
滑走路の向きも何度も変更になりました。
画像は省略しますが、離陸していったノースウェストのジャンボ機は1/125でやっと写る暗さ・・・
 
そして、ちょっと前にやって来た珍客P-3Cが三菱重工での用事をすぐに済ませて帰投していきました。ホントに「もう帰るの?」っていう早さでした。

この頃には雨もひどくなり、暗くなってきました。無理矢理1/60で撮るハメに・・・。
 
 
そして、最近で言う「ゲリラ豪雨」状態に・・・。
まさしく「バケツをひっくり返した状態の雨」 「ピカピカ光り、そこらじゅうに落ちる雷」
もうなんともなりません。
 
名古屋TWRを傍受して、イヤホンで聞いていたのですが、雨音と雷がひどくさっぱり聞こえない・・・
 
そろそろドリームエキスプレス号が来る時間なんだが・・・。
 
 
あれ?南の空からライトが接近している。飛行機には見えないけど・・・。
慌ててカメラを向けた!

「グォオ~~~!」と音を立ててGo Aroundしていくジャンボ機がカメラの向こうにいました。たぶん滑走路が視認出来なかったのでしょうが、ジャンボ機のゴーアラウンドってあまり見る機会ないような・・・。
 
 
ドリームエクスプレスは時間を掛けて、再度着陸にチャレンジします。
名古屋港方面を一周してくるうちに雲は明るくなってきました。

無事着陸!パイロットに拍手!!っていうかんじでした。
でも暗いのは一緒。1/60でやっと撮れる明るさ・・・。
 
 

スポットの前までは自走してきました。
 
 
 
しかし、ここで問題発生。
 
雷がそこらじゅうに落ちていました。
本来こういった飛行機を誘導するマーシャラーは通常高い車のデッキでバトンを振って誘導します。それこそこの雷下では危険極まりない!誘導は中断しました。
 

あと10数メートル前進すればスポットインでしたが、誘導が出来ないので、機体はこの位置でず~と待機するのを余儀なくされました。
 
 
30分以上↑の位置で駐機させられていました。
エンジンの排気があたる路面だけ乾燥してきたほどです。
 
 
そして相当遅れてスポットイン。
折り返しの出発も相当遅れたはずです。
 
 
で、1時間近く遅れて折り返し便が出発!

雨は小康状態になっていましたが、たまった水を巻き上げ、大きな水しぶきを上げて離陸していきました。
 
 
2001年8月10日 名古屋空港送迎デッキにて。
 
 
 
 
 

コメント

ク・ホリン

No title
はじめまして。
もう10年前の出来事なのに、凄い記憶力ですね?
そんな事があったとは…
30分も缶詰状態で、お客さん怒ってなかったかな~?

おざよう

No title
ク・ホリンさん、コメント&来訪ありがとうございます。

写真を見てたら、このときの事は鮮明に思い出されました。何せ飛行機を撮ってて、あれほどの雷雨はこの時以外、今も昔も遭遇した事ありません。あのピカピカあちこちに落ちる雷は恐いものがありました。

まあ、お客さん的にはね~。ゴーアラウンドで着陸に時間がかかり、やっと着陸したら降りれないわけですし・・・。大変だったでしょうね。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ