C62ニセコ号6(1994年)

4月最後の記事は久しぶりに「C62ニセコ」号で締めます。
以前、C62ニセコ号の記事はアップしてますが、諸般の事情で削除してしまったので、一部は再掲記事になります。
 
普段は長々と前置きを書きますが、C62ニセコに関しては解説は不要でしょう。
画像のみご覧下さい。
普段より大きめの画像で登録してあります。画像右下をクリックして拡大してご覧下さい。
 
 

1994年5月2日 蘭島~塩谷
 
 
 

1994年5月2日 蘭島~塩谷 サブカメラ ベルビア使用。
 
 
 

1994年5月3日 倶知安~小沢  定番・北四線踏切
 
 
 
 

1994年5月3日 蘭島~余市  
北四線踏切で撮影後、レンタカーで追いかけるも間に合わず、たまたま車が停めれた沿線で撮影。車を停めた時点で踏切は鳴っていました。
 
 
 

C62ニセコ号は後ろもいい雰囲気でした。
 
 
 

1994年5月4日 仁木駅  この日は飛行機の時間の関係で深入り出来ず、往路のみ簡単に駅撮り。
 
 
 
最後におまけ。

1994年5月2日 小樽市朝里川温泉付近 山の中腹 ワイン工場敷地
 
当時「日本で最も目立たない場所に展示された蒸気機関車」と呼ばれたD51-286と9600型59614
バブルの時代にリゾート施設を建築する計画があり、ここに展示。しかし、リゾート施設建設は頓挫。温泉地からも離れ、何とも寂しい場所に機関車だけ残されました。
 
これを写すために場所が判らないので、地元の人何人かに場所を尋ねましたが「判らない」って言った方が何人かいたほどです・・・。
 
近年、整備されて展示されてるそうです。解体されなくて良かった・・・。
 
 
 
今日はここまで。
 
4月は皆勤賞です!
 

コメント

しろしろ

No title
こんばんは。
C62、やはり迫力が違いますね~!
また山線を走る3号機を見たいですね!

おざよう

No title
しろしろさん、コメントありがとうございます。
大井川・山口線・各地のイベントでC56・C11・C57を見ましたが、C62のジェット機のような音は他のSLにはない音でした。
苗穂から再び出る日は来ないのでしょうか・・・。

ひで

No title
当時行きたくても絶対に行けなかった立場の者としてはうらやましい(酷な??)写真です。どれもお見事です。もう一度やってくれないかなあ・・・

おざよう

No title
ひでさん、毎度。
あれ?なんで行けなかったのですか?多忙でかな???
あのC62-3が手宮から引っ張り出された時は「ホントに本線を走るの?」って思いましたから、いつか苗穂から引き出される日が来る日を期待しましょう。

トヨク

No title
本日はニアミスシリーズで。(笑)

>1994年5月2日 蘭島~塩谷

豊橋近辺ならいざ知らず、こんなとこでもニアミス・・・
この日私も北四線から追いかけてここに居ましたよ。
私もC62復活以来、何度か撮影に行きました。
やっぱり復活蒸機のなかでは、このC62は別格でしたね。

ほぼ休鉄状態から完全復活したきっかけの一つがこのC62復活でした。

おざよう

No title
>>トヨクさん
この蘭島~塩谷間は追っかけの人がた~くさん来ましたね。中には警察のお世話になる人も・・・(~_~;)
この日、この金五郎山はスゴイ人出でした。でも、最近の激パにはほど遠い緩い込み方でしたが・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ