旧:名鉄市ノ坪(2)

1月30日があんな状況だったので、一週間後再訪しました。

今回も最初に目に飛び込んできたのは衝撃的な状況でした。モ570やモ600が解体済なのは予想していましたが・・・。

「売却の可能性あり!」とされていた旧札幌市電のモ870が無惨にも部品撤去中でした・・・。
建物内での撤去があらかた終わり、外に留置されていました。





西の隅に留置されていたので、トリミング画像です。
飾り帯まで撤去しなくても・・・。前照灯も撤去されており、徹底した撤去ぶりです。






注目すべきは、この仮台車! なんでしょう「LE20」って・・・???。
LEカー(キハ20)が使っていたのでしょうか??






モ780は豊橋に搬出され、モ570やモ600は解体されてしまい、構内がすっきりしていました。
その構内を軌陸車がモ593やモ510の入れ換えをしていました。最近はパノラマカーの解体引導車で有名になった軌陸車ですが、この頃は無名でした。
廃線になって電気が通っていないはずの構内を時々電車の留置場所が変わっているのが、この当時謎でした。この光景を見て「なんだ!コレが牽引してたのか~」と納得しました。時々通電してるのか?なんて思ったりしたものでしたが、ハズレでした。これもトリミング画像です。






モ888が福井鉄道仕様になって完成間近でした。


2006年2月6日撮影。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ