名鉄岐阜市内線廃止1年7ヶ月後の様子(2006年10月)

名鉄岐阜市内線が廃止されたのは2005年3月でした。廃止日の様子は過去に5回に分けて記事にしました。 


また、その後の市ノ坪の検車区の様子もレポートしました。
2006年春には廃車車両の解体は終了し、保存車両や売却車両の搬出も終了してしまったので、その後の記録はピタリとありません。

検索かけると同じ内容の記事が結構あった・・・( ̄。 ̄;)


そして、廃止から1年半を経過して、線路の撤去が本格化しました。ポイントがあった徹明町交差点の線路が撤去されたと聞き撮りに行ったみたいです。



交差点南東からの様子・・・。カーブした線路跡がむなしく残っていました。




交差点東側からの様子。交通量の多い交差点ゆえか、舗装そのものが剥がされて再舗装の途中のようです。




交差点東側・・・美濃町線の始発駅があったあたり。あまり痕跡はありません。でも、確か今でも切符売り場は残っていたはず・・・たぶん。




金宝町交差点~新岐阜駅交差点の間。まだ、線路がそのまま残っていました。




新岐阜駅前。線路はそのままですが、2005年12月28日で閉店した新岐阜百貨店が急速解体中。市街地の大型建物の解体だけに、かなり時間をかけて解体していました。まるで白い棺桶・・・。




百貨店がかなり削られているのが見えます。結局ショベルカーで上層階から削りながら解体していったようです。当たり前ですが、この状態でも「名鉄岐阜駅」は営業していました(^_^;


2006年10月20日撮影



鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします

  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!




ひとり言:キハ8500系も欲しい・・・。1000/1200系も欲しい。ちょうど出品が2件あった。どちらも既に予算over・・・。突撃か撤退か・・・。突撃するにも両面突撃は不可能・・・。さあどうする( ̄。 ̄;)

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ