愛知機関区のEF64-77(2015年)

愛知機関区には元お召機であるEF64-77が保存されています。車体はピカピカになっていますが、中味はほとんど動かせない状態だとか・・・。

基本的に愛知機関区の車庫の中に保管されています。しかし、業務の都合で稀に
庫外留置されている事もありますが、本線寄りの撮りにくい場所に留置されている事が多いような・・・。盗難対策もあるのかもしれませんが・・・。



今回、プユマ号撮影のために大高に行く前に清洲で30分ほど撮影しています。その清洲に向かう列車内から何気なく愛知機関区を見ていると「お!EF64-77が外にいる!」
と思ったのですが、気になったのが留置場所・・・。
「あれ・・・解体線の方じゃないか・・・・。DD51もいたし・・・」

しかし、途中下車する時間もなく、やむを得ず大高でプユマ号甲種を撮影した帰りに寄りました。

まさか解体するとは思っていませんが、機関区東側留置線は何せ解体実績の多い留置線です。ちょっと心配になったのです。

実際現地に入ると・・・何て撮りにくい場所!解体線とは違っていましたが、ちょうど架線柱が邪魔をするし、何より午前中はいなかったDE10が思いっきりふさいでいて撮れない・・・(。・_・)


エンジンがかかったDE10-1546。何でそんなところに止めるかなぁ・・・。




ただ、以前撮影した時より近いので、細部のアップが撮れました。1エンド運転台下には砲金製?の区名札入れが装備されています。連結器解放テコも銀色に塗られています。ナンバープレートもちゃんとしたもののようです。





ちょっと判りにくいですが・・・。2エンド運転台下には区名札入れが装備されていないような・・・。側面ナンバーが手書きのように見えましたが、画像拡大するとフツーのナンバープレートでした。





陸橋東側から撮るも通信ケーブルが3本・・・。避けようがないです。隣には運用中のEF64-1008が留置され、後ろには「一休車」のDD51-1804が連結されています。





EF64-77EF64-1008の並びを狙うも、この時間帯はモロ逆光・・・。





ちょうど通過したEF210-169とも並べて撮影(^_^;)






解体線はずいぶん短くなっていました。以前はここからJR貨物の社宅?付近までず~と線路が延びていましたが、最近線路が撤去されてしまいました。



2015年12月17日撮影 愛知機関区


鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!


コメント

あきのす~さん

No title
こんばんは~、大変ご無沙汰しております。
実はこの撮影の翌日に弊方も撮影しました。朝方までは1008号機も横に停まっていましたが、昼前には出区したため、77号機をゆっくりと撮影できました。
ただ、屋根上の退色が激しいのが少々気になったと言えば、気になりました。

今後どうなるのでしょうね。少々今後が気になります。

おざよう

No title
> あきのす~さん
え?たまたま遠方から愛知区にみえて77号機がクリアに撮れたのですか?なかなかの強運ですね~。庫内にいて見られない事の方が多いのに・・・。
確かに屋根だけでなく、全体も色褪せしてきてます。車籍はないはずなので、愛知区のエラい人の考え一つでしょうね。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ