デビュー間もない頃のドリームリフター(747-400LCF)

たまには飛行機の過去ネタでも・・・。

セントレアではお馴染みの機体であるボーイング747-400LCF 
通称「ドリームリフター」
簡単に言うと、ボーイング787ドリームライナーを製造するにあたって部品製造国の日本などからボーイング社の組立工場まで787の部品をそのままの形状で運ぶ輸送機です。

このLCFそのものは新製機ではなく、中古の747-400を台湾で改造した機体です。

2006年9月に1号機が初飛行し、日本で見られるのはセントレアだけ!っていう触れ込みに「いつか見たい!」って思っていました。ただ、飛行情報はなかなか入らない・・・。



ところが2007年1月セントレアにたまたま飛行機の写真を撮りに行くと・・・。

遠方にいる見慣れない機体!何じゃありゃ!!




横を出発したルフトハンザ航空A340が通りますが、LCFの巨大さがよく判ります。




何より驚いたのは大きさよりこの外観・・・。塗装してないの?っていう雰囲気(^0^;)





飛行場内で移動始めたのでひょっとして離陸を撮れるか!と期待したのですが・・。





結局向きを変えただけで、離陸を見る事出来なかったです。



それにしても、この未塗装みたいな外観は何なんでしょうね??

なお、改造直後は種機のウィングレッドが装備されていたそうですが、フラッターが発生したので、取り外されたそうです。この画像の機体にも装備されていません。


なお、Wikiの記事によると「日本への初飛来は2007年1月10日で、1月12日に離陸した」とあります・・・。え??ってことはこの日離陸直前の撮影だったのかも????


2007年1月12日撮影 中部国際空港


鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします

  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!

コメント

aviationkaca

No title
HDD内を漁ってみたら同日、かなり接近していたようです (^_^)
錆止め塗装のまま飛ぶ飛行機を初めて見ました、「えびフライ」とか呼ばれていました、私は離陸までねばりましたよ。

おざよう

No title
> kacaさん
何でこの塗装だったんでしょうね~??
この日離陸したとは昨日初めて知りました(^^;;;;;

ひで

No title
こんな飛行機があるんですね!初めて知りました。

おざよう

No title
> ひでさん
中部エリアでは新聞等でも出てくることがありますが、全国的には航空機ファンくらいしか存在を知らないと思います。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ