惜別!名鉄5302F・5310F

一世記号の記事に戻る予定だったのですが・・・。臨時便です。
 
NDRさんのブログ記事によると、5月16日~17日にかけて5302F+5310Fが舞木から大江経由東名古屋港へ自力廃車回送されたそうです。
 
5302Fは旧5200系の台車を履く残り3編成の一つでした。
5302Fと5310Fは3月のダイヤ改正で運用から外れ、舞木に留置されていました。
 
5300系としては先に廃車になった5312F・5313Fに続く廃車ですが、5312F・5313Fの時は運転台カットの都合もあったのか、大江駅からリサイクル工場まで陸送のうえ、解体でした。今回の5302F・5310Fは7000系のような自走廃車回送だったのには驚きでした。
 
 
 
 
で、惜別写真を・・・。

甲種輸送中の豊橋駅で。モ5401かな?この当時は旧5000系のFS307A台車を履いていました。
 
 

甲種輸送を終え、大江駅で編成組成途中の5302Fと5301Fの2両。 上記2点1986年6月26日撮影
 
 
  
 
こうした新車で撮った車両がどんどん引退していくのは本当に複雑ですね・・・。

コメント

おざよう

No title
>>内緒さん
仕事の都合さえつけば、ぜひ・・・。
最近休みが少ないから難しいかもしれませんが・・・。

おざよう

No title
う~~ん、某誌の原稿・・・違ってますね・・・。

5301Fは猿投で休車って聞いたのですが、いつの間にか舞木に入場していますし、4月に舞木で留置中って聞いていた5303Fは動いています・・・。あれ~どこで間違えたのか・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ