大井川鐵道 さくら号を撮る!

今年も大井川鐵道では家山桜の多客輸送として臨時SL急行「さくら号」の運転を開始しました(4月6日まで)。

本当は桜開花ピーク時に行きたかったのですが、その時期家族行事が満載で休みが取れそうもない・・・。
仕方ないので休みが取れた運行開始の昨日大井川鐵道に行ってきました!


この「さくら号」はSL+客車+デキの編成で新金谷~家山間を走りますが、家山で機関車付け替えは出来ないので、下り2本がSL急行で走り、その折り返しはデキ牽引の臨時急行として走ります。昼間帯に新金谷で機関車を付け替え、午後は下り1本が臨時急行、上り1本がSL急行で走ります。

また、定期の「かわね路号」も運行されています。
つまりSL列車が5回撮れるという美味しい季節なんです(^_^)


最初の「さくら11号」は久しぶりに来た神尾駅で撮ってみました。

お!久しぶりのC56-44です!!外ピンクのさくらマークを付けています。





C56に「さくら」のヘッドマーク・・・結構似合う気がします。



撮影後、すぐに福用に転進。折り返しのデキ列車を安直踏切ポイントで狙います。


デキ102が牽く列車も悪くないです。C56が入らなかったですが・・(~_~;)

列車通過数分前に画面に入り込んだ同業者がいます・・・(>_<)  勘弁してよ・・・。



後ろも撮影。ちゃんとC56に尾灯が点いています。



まだまだ続くよぉ~。

2016年3月23日撮影


鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!

コメント

ひで

No title
こんな列車が走っているんですね~

大井川鉄道は企画盛りだくさんですね!

おざよう

No title
> ひでさん
この家山折り返しのSL列車はかなり前から実施されていますが、運営会社の変更の影響かいろいろな企画が増えています。人手が少ないので大変そうですが・・・。

爽(SAYAKA)

No title
こんばんは。
1936年生まれのC56 44は今年3月6日で、80歳を迎えました。故郷は北海道苗穂で、昭和天皇乗車のお召し列車けん引をしたり、第2次世界大戦をきっかけに41年、タイビルマへ44号機を含めた90両ものC56が譲渡されましたが、まだインフラ未整備ったため現地の港湾到着時点で既に何両ものC56が部品を失い、その複数の部品を組み合わせた第1号車がこの44号機らしいですね。。
戦時中の爆撃滴るタイで酷使されながらも何とか終戦後まで生き延びましたが、その影響で多くの兄弟を失った中で、44号機と31号機が祖国日本へ奇跡の生還を遂げたのは素晴らしいですね。笑)
07年復活から10年夏までタイ仕様復元され復活し、11年1月にお写真の日本スタイルに再復元され、昨年にはジェームスにも変身したりと本当に奇跡中の奇跡の機関車かと思います。笑) C12 208からもボイラー提供もしましたね。
最近は調子がすぐれないと聞きますが、今後も大鉄で唯一のテンダ―SLとして、元気で活躍してほしい限りです。

おざよう

No title
> 爽(SAYAKA)さん
C56-44は大井川に来た頃から何度となく休車を繰り返しています。やはり、戦地で酷使された影響なのかもしれません。
ただ、ボイラーをC12-208と交換してから多少元気になったようで・・・。この春はC11-190の不調~検査もあって大活躍だったような。
ちなみに部品提供車のC12-208は岐阜県の養老ランドに保存してあった静態保存機で、大井川では構外側線にず~と放置されています。ただ、昨年パーシーに改造され千頭にいます。

また、数ヶ月後には赤くなると思います(^◇^;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ