京都鉄博~展示車両&現役時代2~

続編です。前回記事はコチラ


展示車両とその現役時代比較編 Part2です。

このEF65-1もある意味奇跡の保存だったかもしれません。フツーならJR貨物に継承されているはずなのに国鉄末期で廃車。それはそれで解体されているはずなのに、なぜか宮原の庫に30年近くも眠り続けた・・。しかも同じ条件だったEF60-503?は宮原構内で突然解体された・・・。貨物用のイメージが強く、この京都鉄道博物館に似合わない気もしますが展示車両に選ばれた!奇跡かもしれません。



最近アップしたばかりなので新鮮味ないですがEF65-1現役時代です。







床下が見られる展示が「売り」のEF66-35です。これもJR貨物の譲渡車両でしたね。



再掲写真の中にEF66-35はなかったので代わりにEF66-36を(~_~;)







同じく床下が見られるDD51-756です。これもJR貨物からの譲渡機関車でした。

この写真では判りませんが、この756号機は元々旋回窓装備機で、運転台側のみ旋回窓が撤去された一般窓て非対称な外観をした珍車なんだとか・・・。知らなかったので、これ1枚しか撮っていない・・・(。・ω・。)



同じくDD51-756はなかったので、DD51-751を(^_^;




鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ