D51-200(梅)現況

昨日は再び京都鉄道博物館に行ってきたわけですが、皆さんが気になっているであろうその後のD51-200の画像を貼っておきます。

ほとんどの方はご存じでしょうけど、D51-200は梅小路で先日全般検査を終え、構内試運転終了後、北陸本線で本線試運転を行う予定で回送されたのですが、途中で炭水車?が軸焼け損傷?をおこし、野洲から引き返してしまいました。


京都鉄道博物館の「ウリ」の一つである通路からSL検修庫が見えますから・・・。

ただ、日中撮ると写り込みが激しくロクに写りません。
今回は閉館間際の16時過ぎ・・・薄暗くなった時間に撮りました。
外が暗くなり、逆に庫内は照明で明るくなりますので、かなり撮りやすくなります。





思ったよりバラバラの状態になっていました!不思議と炭水車はそのままですが、機関車本体は動輪が抜かれています・・・。
こりゃ試運転はまだまだかなぁ~~~??



2016年11月22日撮影


鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!

コメント

nagara2033556kinka

No title
年内復活は厳しそうですね。

おざよう

No title
>>つぼさん
思ったよりバラバラでした・・・。
しかも炭水車は手つかずなのに、動輪は抜かれているという不思議。ホントは動輪が軸焼けしたんじゃないの?と思える光景でした。
早くて年内ギリでしょうね・・・。

nagara2033556kinka

No title
炭水車はバラされて組み立てられた後です。
どうやらC56の検切れまでに全検試運転できないようです。

おざよう

No title
>>つぼさん
山口線の運行も始めるでしょうし、綱渡り状態ですね~。
北びわこ号はやっぱり春は走らないのかな???
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ