京都鉄道博物館にて(6)

最近休みでもネタがない・・・。ホントは昨日大井川でクリスマストーマス撮る予定だったんだけど・・・。諸事情で急遽キャンセル・・・。
困ったから京都鉄道博物館ネタで繋ぎます(^_^;)

前回記事はコチラ

一日館内見学をして屋外に出たら,最後のスチーム号の運転が終わった時でした。
客車を切り離し、給炭・給水を行い、ターンテーブルに載ります。

低速なので迫力はないですが、ドレンは結構出します。



ターンテーブルで一回転します。本当は不自然なんですけど(^_^;)



機関士さん結構若かった(^◇^;)



いつもは庫内に入る場合が多いのですが、この日のC61-2は屋外のC56-160の横に入線しました。どちらもマーク付です。


ところで、このC56-160はどうなるのか気になりますねぇ~。噂では3月で検査切れとか??「北びわこ」号最終牽引はいつなのか??そもそも本当に引退するのか判らないし・・・。
今回の山口線クリスマス号は直前にDD51補機連結が決まったのも気になる・・・。銚子悪いのかなぁ~。客車3両なのに・・・。大井川のC56-44でも単機で牽けそう??



旧梅小路の検修庫部分。この日試運転をした義経号8630C62-2が入線していました。大きさの違いがスゴイ・・・。ちなみにC62-2はこの少し後に構内試運転したはずです。TwitterでUPされていました。



2016年11月22日撮影

鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!


コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ