ヤフオク!(96)~キハ91系急行のりくら改良品7両セット~

前々回の記事で思いつきで「キハ91-5」単品を落札したと書きました。

その処遇に困りました。キハ58系に組み込むつもりでしたから・・・。
ヤフオクを探すと結構単品でも出品されています。しかし、単品でも1両2,000円~3,000円します。しかもM車の出品は少ない・・・。

仕方ない!セットで落札しようか・・・という結論に。

マイクロエースでは2004年と2009年に下記内容でキハ91系を発売しています。
【2004年】
【2009年】

2004年製と2009年製と違いはモーターの改良とディティールアップだそうです。
また、マイクロエースのキハ91系は試作車キハ90を改造した外観が異なるキハ91-9は模型化されていません。発売予告にはなっていますが・・・。

KATOから今春新発売され、しかもキハ91-9も模型化されると聞いていますが、さすがに定価23,400円は安くても2万円は超えます・・・手が出ない・・・。
このHPに試作品の画像が出ていました。


ヤフオクには複数出品されていましたが、どうせなら馴染みがある「のりくら」セットがいいし、出来ればフライホイール動力の2009年製がいいな・・・と決めました。

ヤフオクでは2009年製の「のりくら」改良品7両セットなどが9,000円+送料で出品されていました。ところが全く入札が入らない・・・。ギリギリまで見届けましたがゼロで終了。次に安くなっての再登場を期待しましたが、同じ価格で再出品。
ちょっと高いですが、応札!そのまま落札となりました。

非常に状態はいい商品でした。

先頭に出る事が前提のキハ91-8キハ91-3はダミーカプラーが装備されています。また、キハ91-8は幌なしになっています。



キハ91系の特徴である屋根上を写し込むために俯瞰気味で撮影。



右側がキハ91-8ですが、ちゃんと冷房化されているのが判ります。実車でもキハ91-8とキサロ90以外は冷房準備車で登場し、そのまま冷房化されずに終わりました。



これも編成内のアクセントであるキサロ90です。「しなの」セットの場合、グリーンマークがなく「1等車」表記になっています。



7両編成を組むとこんなかんじ!いいですね~。




そこで前回落札したキハ91-5がどのセットのバラシか調査してみました。雨樋がクリーム色なので「のりくら」セットで間違いなさそう。並べてみると・・・。

真ん中が前回落札のキハ91-5です。よく見ると運転台に色パネルが入っていません。そこから推測するに2004年製ののりくら晩年セットのものかな??

と・・・ところでこの画像を撮るためにキハ91-5をいじっていたら車体が外れました。確かに前回出品者から車体が外れやすいという話は聞いていました。そこで何も考えずに車体をはめようとすると・・・。なぜかスカート固定用のつめを巻き込んでしまい、あっという間にスカートの半分がへし折れてしまいました・・・(T_T)
スカートの部品さえあれば簡単に修理できますが、マイクロエースはこういった部品の販売はしておらず修理対応になるとのこと・・・(>_<)



お約束の実車写真ですが、さすがに昭和53年で引退した車両の画像はなかなかない・・・。そんな中マット画面のプリントで岐阜駅6番線に停車しているキハ91-8の画像を発見!岐阜駅なので自分で撮った画像と思いますが、ひょっとしたらもらった写真かもしれません・・・。

おぼろげな記憶では乗車した覚えもあるのですが・・・。せめて名古屋工場に放置中の姿を撮りに行けばよかった・・・。



鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!

コメント

ひで

No title
これは珍しいですね~キハ181をほうふつとさせます。

自分自身見た記憶がまったくありません。岐阜駅での写真を見ると不思議な気がします。

おざよう

No title
> ひでさん
1973年から1976年の3年間だけ名古屋~高山の「のりくら」一往復に充当されたそうですから、見ていなくても当然です。私は実家が高山でしょっちゅう「のりくら」に乗車していましたから・・・。
なお、1976年に休車になったものの新製後10年経っていないので廃車に出来ず、名古屋工場で2年間放置され1978年に廃車されたそうです。

ひで

No title
なるほど、実際上本当にまれな編成だったんですね。181と58を足して二で割ったような不思議な車両ですね。

おざよう

No title
> ひでさん
キハ181系の試作車でして、今なら「キヤ」にして客扱いしない試験車にしたかもしれないほど試作要素の強い車両でした。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ