大昔の画像から(日車豊川にて)

学生時代原付に乗っていたので、ヒマさえあれば日車豊川を見物に行っていました。

工場内はあまり見えないので、一番写真を撮っていたのは敷地外にある解体場です。
当時、中部エリアの電車を中心に貨車などの解体を請け負っていました。まだ「アスベスト」なんて言葉のない頃です・・・。
今みたいに重機でくしゃ!っていう解体はなく、内装を外し、窓を壊し、最終的にはバーナーで溶断していました。


飯田線の80系も急ピッチで解体されていました。



80系より前に搬入された153系は風前のともしびでした。



で、解体場の反対側を見ると・・・。

漏水試験線かな?完成間近い営団7000系がいました。119系も見えます。



鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!


コメント

竹内用

No title
119系か。もう走ってないことを思うと月日の流れが・・・。

ひで

No title
この80系の一両だけでも保存できなかったものかとつくづく思います。あれだけ一時代を築いたのに一両も保存されていないとは・・

おざよう

No title
> 竹内用さん
日車豊川ですから119系は新車状態です。
っていうか119系を日車豊川で新製したとは覚えてなかったです(^_^;)

おざよう

No title
> ひでさん
全然違いますが86001・80001が保存されていたせいかな・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ