大昔の画像から(飯田線クモハ53007)

今日もサルベージ画像です。

飯田線から旧型国電が消えたのは1983年7月のさよなら運転が最後でした。
私が豊橋に住み始めたのは1983年4月。数ヶ月の間、一生懸命旧型国電を追い続けました。
撮らなくても編成をメモし、当時のダイヤ情報付録の運用表に照らし合わせたりして・・・。ほぼ全編成の動きが判ってきた頃、土砂崩れで運用ズタズタ・・・(>_<)


撮りたくても、なかなか撮れなかったのが「合いの子」で有名なクモハ53007でした。相方で通常屋根のクモハ53008は結構撮れたのですが、張り上げ屋根で有名なクモハ53007は豊橋方を向いている関係で先頭に出づらい運用でした。豊橋方にはクモニ・クハユニなど荷物電車がつく運用が多かったためです。

しかし、ある日運用をチェックしていると夜遅めの時間に豊橋に到着する列車に流れ通りならクモハ53007が先頭で到着する!荷電もつかない!こりゃ行くしかない!と夜の豊橋駅にバルブ撮影に出撃しました。

予想通りクモハ53007が先頭でやって来ました!

前照灯が点いているのは到着直後の僅かな時間。1カットしか撮れませんでした。



この広窓と張り上げ屋根・・・。優美ささえ感じました。





クハ68xxxなのかな??



鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!


コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ