大昔の画像から(115系3000番台新車回送)

ある意味続編です。前回記事はコチラ

この当時、広島地区の老朽111系等の置き換えのために、117系そっくりとも言える115系3000番台が増備されていました。115系3000番台は組成の関係で中間車だけでも増備されました。
今なら甲種輸送でしょうが、国鉄時代は物理的に走行可能な区間の場合、新車は自力で走って回送するのがフツーでした。

115系4連2M2Tを日車豊川へ送り込んでおき、新車のMM’ユニット6両を中間に組み込んだ8M2Tという編成で出場したのです。


前から3両は既存の115系、その後ろに新車3ユニット6両が入ります。回送とは言っても公式試運転を兼ねているので「試運転」幕です。



扉間が2ドアで転換クロスシートなのは117系譲りです。



船町駅を通過して豊橋駅へと。




豊橋駅で折り返し、遙か遠い広島を目指します(^_^;





1983年頃撮影


鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを


コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ