大昔の画像から(EF65-500+ロンチキ他)

ネタがないときはサルベージ画像でごまかします(^_^;

当時の下宿近くの安直ポイントで撮影(豊橋~西小坂井)。

EF65-534オヤ62-1チキ。いわゆるロングレール輸送工臨”ロンチキ”ですね。国鉄時代、ロングレール輸送では作業員が宿泊・休憩する場所を確保するために「職用車=工事用宿泊車」という事業用客車を併結していくのが定番でした。工事用宿泊車には思わぬ前歴の車両がいて、沼津のオヤ10はオロネ10、オヤ41はマロネ40でした。
このオヤ62-1は元オハニ61-323でとりわけ特徴はなかったです。



当時いろいろなインサイダー情報を入手していましたが、こういった工臨は全くノーチェックでした( ̄。 ̄;)




こっちが本命だったのかな?EF65-52312系ナコ座



無理矢理造作した展望台が特徴でした。




当時はダイヤが緩かったので、こうした大物車の回送もフツー日中に行われていました。シキ1000のようです。




鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを




コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ