1987年3月北海道単身旅行2

続きです。
 
3月9日は札幌から豊浦駅に向かったようです。
 
取りあえず来た列車を片っ端から撮っています。
 

DD51-1013牽引のコンテナ貨物。貨車は詳しくないですが、これってコキ5500のような・・・。
 
 
 

ED76-511牽引の51型客車列車。この当時のローカル列車は50系51型が当たり前でした。冬季なのでSGの蒸気も溢れています。
そもそもED76-500番台はED76を北海道向けにアレンジした機関車ですが、実質ED76-0番台とは別物といっていい機関車だったようです。当時は組合が強く、新形式導入には組合との交渉が必須だったため、こうした無理矢理の形式統一は他でもよく見られますね。
 
 
 
 
 

781系ライラック。北海道に電車特急を走らせるにあたっては、当初485系を耐寒耐雪改造した485系1500番台が投入されましたが、雪質の違いからあっさりリタイア。専用形式の781系が投入されました。当時は「この前面の赤帯の配色・・・もうちょっと考えられなかったの?」と批判されたものです。今見ると懐かしいですが・・・。
 
 
 

この駅で撮影したかったメインはこれ!キハ84型「フラノエクスプレス」。僅かではありますが、先頭車後ろ側にキハ82系の面影を残すジョイフルトレイン(死語か?)でした。
 
フラノエクスプレスは廃車後長期間どこかの駅の保線車庫?に保管されていたって噂は本当なんでしょうか??廃車後かなり経っていますが、先日どなたかのブログを見ていたら、未だに苗穂に生き残っている車体があって驚かされました。
 
※追記
検索して調べてみると、キハ84型フラノエクスプレスは滝川で解体されたようです。でも1両は苗穂に留置されているようです。よく判りません・・・(×_×;)
 
 
 

ED76-519牽引の普通列車。SGの蒸気がすごかったです。
 
 
 
 
 
そして旭川駅へ。

たまたま停車していた711系に試作車の「クモハ711-902」が連結されていて即座に撮影。
 
 
 
今日はここまでとします。この後はフラノエクスプレスの走行写真を撮りに転進しました。
 
1987年3月9日撮影

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ