上海リニアモーターカー

リニアモーターカーっていっても、ドイツの技術を使った常電導リニアなんですね~。
常電導リニアなら隣の愛知県で乗れるじゃない(~_~;) っていうか万博の時に乗ったことあるし・・・。
そんなことは帰国して調べて判ったことで、現地では「鉄のはしくれとして、空港から市街地への足としてはリニアモーターカーを外すわけにはいかない!」と15分に40元(約700円)も出して乗車してきました(^_^;)


301km/h加速して、それ以上はいかなかったです。時間帯によっては431km/hまで出すそうです。
思った以上に乗り心地が悪く、ブレないように撮るのに一苦労(~_~;)



終点で下車したさい、1枚だけパチリと撮ってきました(^_^;)




2018年3月24日撮影(トリミング画像です)

鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りを

コメント

ひで

No title
仕事柄昔乗りました。その時には430km出していたのですが、土地が広いからかあまり早く感じませんでした。しかも430kmはわずか30秒足らずでした。

聞くところによると、作った時の不具合が発覚して、Siemensに全面的に軌道を作り直させたと聞きました。私が乗った時は開業間もない頃だったので、Siemensの技術者が全列車に同乗して問題ないか確認しながら運転いていた頃でした。

おざよう

No title
> ひでさん
世界の中心国と自分を思っているお国柄ですから、シーメンスのスタッフはそりゃ大変だったでしょうね(__;)
301kmでも結構ゆれました。430kmだとどうなるのやら・・・。
計画にのある路線延長は実現するのでしょうか・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ