サルベージ画像(1983年12月九州遠征4)

サルベージ画像です。前回記事はコチラ

門司駅撮影画像の続きです。


EF30は全機健在の頃でしたので、いっくらでも撮れました。先日画像整理していて気がついたのですが、EF30の前照灯が一灯原型のものとブタ鼻二灯タイプが両方ともいるようです。最終的にはどうなったのかな??



EF30-9?牽引と思われるブルトレ。貨物に夢中になっていて、単機牽引のブルトレ撮影のタイミングを逃す事がよくありました(~_~;)
実際、この画像は尻切れ&ピン甘ですし、次のブルトレは完全に失敗写真です(機関車が写っていない・・・)



EF30-12他重連牽引の貨物列車



EF30-17他牽引の貨物列車。17号機は原型ライトですね。



DD51-1029牽引+オハニ3650系新旧混結客車列車

こんなような新旧混結列車は珍しくなかったです。


普通列車「ながさき」に連結されていたオハネフ12-58

っていうか普通列車に寝台車を連結するために、マルス収容上列車名が必要となり、普通列車なのに「ながさき」と愛称がつけられたはずです。




鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りください

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ