サルベージ画像(ヨ9001)

サルベージ画像です。

この時期何度か九州に出入りしたさい、何やら気になる車掌車を車内から見ました。
外観は普通の車掌車ですが、なぜか青色。それも結構色褪せている・・・。
廃車フェチの心をつかみました(~_~;)

外から撮れる場所でもなかったので、車内から撮り何とか写りました。
小倉だったのか香椎だったのか記憶にはありません。


高速運用対応試作車掌車ヨ9000型ヨ9001です。

Wikipediaの解説はコチラです。
早い話、レムフ10000やコキフ10000みたいな高速運用能力を持つ車掌車を開発するための1968年製の車掌車だったようです。当時の私は3軸試作車掌車だと勘違いしていましたが・・・。
ヨ9000とヨ9001が試作されたものの、量産には至らなかったようです。試作車ゆえ、反映する車両が製造されないと放置プレイになります。まして1968年製ではこの時期で20年経っていないから廃車にもできないでしょうし・・・。

このヨ9000のうち、ヨ9001は1987年に廃車になっても解体されず、小倉に保存車扱いで放置され続け、2000年に「ふるさと鉄道保存協会」に譲渡され、「源じいの森」で保存されているそうです。


鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りください

コメント

takekyu

No title
こんばんは

解体されずによかったですね。
ナイス!です。

おざよう

No title
> takekyuさん
それにしても、何でこんなマイナーな車掌車が保存されたのかが不思議です。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ