サルベージ画像(瀬野八7)

サルベージ画像です。前回記事はコチラ


前回UP忘れ分。EF61-20×EF59-9の連結部分


そして、今までに何度も登場しているこの画像になります。

構内の一番西の外れに留置されていたEF61-201EF61-203


休車になって何年経った頃でしょうか?「一休」の札が入っています。気になって調べてみました。私が持っている交友社刊「国鉄車両配置表」をチェックすると、1979年版と1980年版のEF61欄に休車マークが付けられている機関車はいません。(1981年版はない)しかし、1982年版だとEF61の201・203・211号機の3両に一休車の△マークが表示されていました。1983年版も同じ状態。ただ、1984年版では201と203号機が休車211号機は稼働機になっていました。
なお、1985年版/1986年版は休車の表示さのものが省略されているようです。



そして、このEF61-203。とある方のHPによると1978年6月27日にEF60-3の改造で誕生。稼動していたのは3/4年くらいでしょうか・・・。1983年12月でこの色褪せ状態ですから・・・。また、他のEF61-200はJRに引き継がれ、1990年または1991年に廃車になっていますが、このEF61-203だけは国鉄時代の1986年11月15日付で廃車になっています。ということは、このまま復帰せず廃車になったのかな・・・。



稼働機のEF61-209です。



EF59-16他が待機しています。



EF61-204です。武骨なデッキが魅力ですね~。



1983年12月撮影


鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰りください

コメント

ひで

No title
同じ種類でもずいぶん運命が分かれるものという事実が確認できるコラム、お写真ですね。貴重な記録だと思います。

61はほとんど撮影していないのですが、いろいろと今になって知ることが多いです。

おざよう

No title
> ひでさん
瀬野機関区は何度か訪問しましたので、この片隅にいたEF61-200は印象に強く残っています。211号機も含めた3両留置時代も撮ったはずなんですが・・・。見つからない・・・。
当時知らなくて、記事にするために調べて初めて知る事実って結構多いです。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ