西濃鉄道2


続編です。前回記事はコチラへ。

西濃鉄道といってもご存じない方も多いようなので、簡単に解説します。
JR東海道本線の盲腸区間 大垣~美濃赤坂を通り、美濃赤坂駅で授受した貨車を河合石灰工業の乙女坂貨物駅まで運ぶのを専業としている貨物鉄道会社です。
よく似た名前ですが「西濃運輸」とは資本的にも全く関係はないそうです。

西濃鉄道は現在、市橋線の美濃赤坂~猿岩 間で一日3往復の貨物列車を運行しています(臨時便も含む)。ただ、実質的には美濃赤坂~乙女坂 間の運行になります。
猿岩駅は既に貨物駅としての機能はなく、名目上の終点駅となっています。また、猿岩~市橋 間は1990年代に休止状態となり、2006年に正式に廃止になっています。

また、西濃鉄道では美濃赤坂~美濃大久保~昼飯(ひるい)間の昼飯線も運行していましたが、1983年に定期列車の運行は終了。1990年頃から臨時列車の運行もなくなり、放置されていた路線です。結局2006年に正式に廃止となりました。それでも近年まで線路など結構残っており、廃線マニア?には注目の路線でしたが、ここ数年撤去~整備が進み、面影は消滅しつつあります。


今回この記事を書くにあたって多くの方のHPやブログを参考にさせて頂きました。
中でも「歩鉄の達人さんHPの「西濃鉄道市橋線」は特に参考になりました。




今回、岐阜の自宅から車で移動(これが失敗)。
まずは美濃赤坂駅で8785列車の到着を待ちます。初めて来た場所なので勝手が判らず、激狭の道に入り込んだりして結構時間をロス。
遠方を茶色の西濃鉄道の機関車が移動するのが見え、それの近くで待機。

模型鉄には好みの風景じゃないですか(~_~;)
西濃鉄道DD403はこの位置で待機。8785列車の到着を待ちます。


所定では11:21に8785列車が到着し、機関車交換を終えると西濃鉄道のダイヤには関係なく発車すると聞いていましたが・・・。
この日は静岡地方の大雨で東海道線自体に遅れが発生しており、笠寺発の8785列車も影響を受けたようです。
11:40過ぎにようやく到着。




EF210-113の牽引でした。最近までEF64-1000だったり、EF66だったりしていました。


誘導や連結作業は全て西濃鉄道に委託されています。

ゆっくり機関車交換を見たかったのですが、西濃鉄道の機関車は連結終了するとすぐに発車すると聞いていたので、それは諦め走行を撮影出来る場所に転進。

美濃赤坂~乙女坂 間は思った以上に近いです。
車だと途中で撮影出来る場所は見過ごしてしまいます。

やっと車が駐車出来る場所を見つけたら、そこは乙女坂駅のすぐ手前でした。
セッティングしていると、すぐに踏切が鳴り出す始末(^_^;

西濃鉄道DD403が赤ホキの空車を牽引してやって来ました。この武骨な機関車が汽笛ではなく「ファ~~ン」というタイフォンだったのには驚き(゚-゚)


西濃鉄道DD403です。昨日の画像と似ていますが別画像でトリミングしてあります。1972年三菱重工製の自重40トンの液体式ディーゼル機関車です。
スポーク車輪が特徴の機関車です。私の個人的なイメージは車輪間にロッドがついていたような気がしたのですが、それは1991年に廃車されたDD401の事でした(~_~;)



赤ホキは乙女坂駅で停車します。メルヘンな名前の駅ですが、実際は駅というより「基地」のイメージです(^0^;)
ここでDD403は猿岩側に移動し、ポイントを切り替え美濃赤坂側に機関車を付け替えます。そして、2両ずつ?石灰石を積み込みます。
その作業を見ていても時間のロスなので、市橋側を探訪することに(^_^;)




たぶん・・・ですが、ここが猿岩駅じゃないかと??
もともと貨物駅ですし、荷卸し設備はかなり前に撤去されているので判りません。ただ、線路はここでぷっつり切れていますし、先は舗装されているので、たぶんここでしょう。
そもそも猿岩駅は運賃設定上の名目駅で、積荷にしていた二硫化炭素はタンク車で乙女坂駅まで運び赤ホキ併結のタンク車に積んでいたとか・・・。

さらに北へ。
廃止区間の遺構を探します。




いきなり目に飛び込んできた石灰の積み込み設備と思われる市橋駅の遺構。多くのHPやブログにはこの遺構周辺に線路が残っているのですが、既に撤去されたらしく、この積み込み設備内の線路のみで後は更地でした・・・。
ここから南に戻ります。


手前の元踏切の道路にも近年まで線路が残っていたらしいですが、撤去済みでした。

数本のレールが残り、駅施設だった面影を僅かに残していました。




これも積み込み設備なのでしょうか?ずいぶん大きな遺構でしたが、線路など鉄道施設はなかったです・・・。

この南が何となく気になる区間だったのですが、フェンスで覆われ中が見えないので諦めました・・・。
少し時間が空いたので、養老鉄道をチョイ撮り(後日UPします)。


すぐに戻ってきました。

あれ?もう積み込みは終わったのかな??動きがないけど・・・。

終わったと思い込んで、近くでウロウロしていると、突然DD403が「ファ~~ン」と汽笛を鳴らし、黒い煙をはいているじゃない・・・(;゚ロ゚)
「ゲェ!もう発車か?間に合わない!!」
と慌てて次の撮影地を目指そうとするのに大型車だらけで車が出せない・・・。

ようやく車を出せたので、よく見ると最寄りの踏切は鳴っていないじゃない(;´Д`)
あの汽笛と煙は単に貨車を移動する合図と積車の重みで貨車を移動させるのに一苦労したことを意味しているようです。


つづく

2019年5月21日撮影




鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
 
  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい

コメント

ひで

No title
西濃鉄道はぜひ一度探訪したかったのですが、気づくとどんどん枝線的部分が廃止となってしまっており、とても残念です。もっと早くに探訪しておけばよかったと後悔しています。

おざよう

No title
> ひでさん
市橋線は元気ですよぉ~
実家からなら、そんなに遠くないのでは・・・

ひで

No title
そうですね、近いうちに探訪を検討します。
実家近くにこんなトワイライトゾーンがあるのを見逃す手はありません!

おざよう

No title
> ひでさん
昼飯線の撤去が現在進行形と知りました。
次に岐阜に来るのは8月ですか?昼飯線は難しいかもしれません。
市橋線は大丈夫でしょうけど・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ