西濃鉄道昼飯線の遺構探訪2

続編です。前回記事はコチラへ。

踏切警手小屋などが微妙に違う事に疑問を感じつつも、すぐ近くの美濃大久保駅跡に向かいます。
この駅は現役時代スイッチバック構造になっており、赤坂方面から来た貨物列車はこの駅の末端にある貨物ホームで必要な場合荷役作業をして、機関車を付け替え昼飯方面へと走って行く駅でした。

余談ですが、私の車のH社ナビは鉄道線路が実線一本で標記されます。しかし、貨物線などは省略される事がままあります。今回もJRが走る美濃赤坂線は実線で描かれていましたが、そこから先の西濃鉄道市橋線は全く亡き者で扱われ出てこなかったのです。そのわりにとっくに廃線になっている西濃鉄道昼飯線は実線で描かれているのは何だこりゃ??

まずは美濃大久保駅入り口付近を・・・。

あれぇ~~!!位置的にここで間違いないのですが、全く線路がなく、枕木が数本放置されているだけとは・・・。


昨日画像の反対側になりますが、美濃大久保駅から美濃赤坂側の本線を見た画です。線路も枕木もキレイになくなっています・・・(>o<)


こちらは美濃大久保駅から昼飯方面に出る本線です。枕木のみ残されています。線路は全くなく、逆に最近線路だけ撤収されたようにも見えます・・・。



美濃大久保駅の貨物ホーム。やはりココで間違いない・・・。でも、所々枕木が残るだけで線路は全くありません・・・。



こう何も無いと駅の奥まで歩く気がしません・・・。望遠で奥の部分を撮っておくだけにします。やはり車止めが3つもある駅だったようです。


遺構の少なさにやる気がメゲてしまい、線路跡を歩く気力がなくなってしまい、車で終点昼飯駅を目指します。
先達さんの多くの記事を見ると、構内には数本の線路と駅舎などが残っているとか・・・。

しかし、車で北に向かうとやたらとだだっ広い空き地に出ました。一旦「これが昼飯駅跡なの??」と思いましたが、何やらおかしい・・・。近くに見えるアパートとため池の位置から位置を修正。もう一本東の道が昼飯駅跡でした・・・。


この転がっているのは枕木だよね??


これは車止めじゃないか!



線路は全くなく、ただの空き地化していました・・・。



この黄柵は踏切の残骸なのか??



錆さびですが「線路内通行禁止 西濃鉄道」と書かれています。



廃レールを使った柵の残骸かな??



何だ?この石垣は・・・・(^_^;



片隅に大量の枕木が・・・。



結局、駅舎は見つからなかったです。解体済みなのかと・・・。


昨日の記事に頂いたコメントによると、ホント最近撤去したとか・・・。



2019年5月21日撮影




鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい

コメント

yoj*****

No title
昼飯駅を最近、撤去しました。
大久保駅は、もっと前に撤去したと記憶しています。旋回器具があったか、覚えがありませんが・・・。

おざよう

No title
> yoj*****さん
Twitterに上げた記事についたコメントで大久保駅を今年1月に撮った方がいましたが、結構線路が残っていました。
昼飯駅は最近ですか・・・。GW前に行くべきでした(>o<)

ひで

No title
見事に何もなくなったんですね!いずれ宅地化されるなどして記憶が風化するんでしょうね・・

おざよう

No title
> ひでさん
昼飯方面はこんなかんじです。
美濃赤坂の機関庫近くがいつまで残ってくれるか・・・ですね。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ