名鉄神宮前駅定点撮影(1987年9月)2

1987年9月30日の続編です。
 
 

この時期、白帯車だった7001Fはグレードアップ改装工事から取り残され、重要部検査時に白帯を撤去されてしまいました。しかし、室内は旧白帯車のまま・・・。これ以前にも白帯車から一般車に格下げになった編成も存在したのですが、座席などは張り替えていました。それゆえ、何じゃこりゃ?ってのが正直な感想でした。しかし、これ以降、7700系も含め白帯座席は張り替えずにグレードダウンってのが主流になりました。まあ、はげてしまい、やむを得ず張り替えた編成もいましたけど・・・(^0^;)
 
 
 

7002側です。室内が見えるようにあえて撮りました。
 
 
 
 

これは7041F。7001F同様にグレードアップ改装工事からもれ、白帯を撤去されてしまった編成です。
 
 
 
 
 

この写真は編成番号の記録がないので判りません。7020番台~7030番台でしょうけど・・・。
 
 
今ふと気がつきましたが、700170xxは「」の文字のバックが灰色ですが、7002青色ですね~。何でかな? 
 
今日はここまでです。   

コメント

namazu850

No title
おざようさん こんばんはです。。。

7002の「特」のバック色はネズミ色の前の色はみんな青だったような気がしますね。。。
ネズミは白帯の象徴だと思います。。。♪

7041Fは初代白帯車第一号だと、鉄雑誌で載せられていたのを覚えていますね。。。
その時は、目からウロコで凄い斬新な衝撃を受けました~~~(驚)

おざよう

No title
>>namazu850さん
毎度コメントありがとうございます。
7041Fが初代白帯車だったんですか!知らなかった・・・。

あの頃は驚きの連続でした。113系の直角シートしか走ってなかった東海地区に関西育ちの転換クロスシートの117系が新車投入されるし、対抗して名鉄もパノラマカーをグレードアップさせるし、競争もいいことだな~って感じました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ