EF58牽引 甲種輸送(外国向け車両・小田急)

先の営団7000系甲種輸送のさいにも書きましたが、1983年当時の日車豊川からの甲種輸送は浜松機関区のEF58が牽引しており、新幹線の甲種輸送のみED62が牽引していました。
 
当時、EF58を熱心に追っていた私としては外せない列車だったわけです。
 
 
この頃、アルゼンチン向け鉄道車両が数回に分けて甲種輸送されました。
輸出車ですので、今と同じく笠寺経由~名電築港~東名古屋港と運ばれていました。
 

EF58-164(浜)牽引でした。貨物車掌がいた頃ですので、ヨは前後に付き、控車にシムも連結されていました。
船町駅にて。
 
 
 
 

その後ろは・・・。何やらテープ貼りの「北陸 東海」の文字。何じゃこりゃ?と撮影時は思ったのですが、当時NHKローカルの番組で「北陸・東海」っていう番組をやっており、(記憶が曖昧ですが)鉄道車両製造の特集を組んだはず。その番組のエンディングでこの「北陸 東海」文字入りの車両が走り去っていく映像を流していました。
豊橋駅にて。
 
 
 

同じくアルゼンチン向け輸出車両の甲種輸送。この時はEF58-161(浜)牽引でした。船町~下地にて。
 
 
 
 

同じ時期に小田急の新車甲種輸送も撮っていました。中間車のようですが、形式は私には判りません。どなたかフォロー願います。やっぱり浜松機関区のEF58-169牽引。
 
 
 

貨物車掌が乗務していましたので、ヨ6000が連結されています。豊橋駅にて。
 
 
 
 
 
EF58牽引の甲種輸送はまだまだありますが、今日はこのへんで。1983年5月撮影。
 
 
 
 
鉄道コムへ。時間の許す方はポチしてみてね。
 

コメント

中京

No title
おざようさん、こんばんは。
小田急の車両は時期からすると8000系か5000系5200番台?かなあ、と思います。私も自信はありません。
アルゼンチン向けの車両は窓に比べて扉が異様に大きい(というか、窓が異様に小さい??)のが面白いですね。

おざよう

No title
>>中京さん
アルゼンチン車両は、画像は省略しましたが、本来カーテンが設置される窓際にステンレス?製のごっついサッシが設置されています。割られないようにしてあるのかな??
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ