1984年夏九州・中国地方遠征12(サルベージ画像)

ちょっとタイトル変えましたが、サルベージ画像の続編です。前回記事はコチラへ。

九州のどこかの駅で「有明」を撮影した後、何も撮らない状態で、最初に出てきた画像は小郡駅(現:新山口駅)画像でした。ひたすら普通列車で移動していたのかな??
全く記憶がないのですが・・・。

小郡駅には廃車車両を留置できる側線が複数あったので、1984年2月改正で余剰になった多くの機関車が留置されていました。
ホントた~くさんの機関車があったのですが、今までUPしたのは、下関集中配置運用中に無念のリタイアをしたEF58-100の画像くらいだと思います。
しかし、実際はフィルム時代のわりには撮れる車両は出来るだけ撮っているので、そういった画像をまとめてUPしてみます(~_~;)


先頭がEF58-100ですが、その後ろには・・・。リタイアに追い込まれたEF60・EF61がずら~といました。


まずはEF58-100。これはUP済みかな??


EF60-39(広)。EF58-100次位のEF60は撮らなかったのかな??


EF60-38(広)



EF60-50(広)


EF60-83(広)



EF60-103(広)




EF60-41(広)



撮影中、ちょうどやって来た回送列車。DE10-1574キハ40キハ180


あれ?よく考えるとこの画像はDE10が回送車を解放したってこと??



EF61-18(広)


EF61-5(広)



撮れないカマは跨線橋から無理矢理・・・。


このあたりはEF61だらけかな??



奥にはDD51もいますね~。1984年で余剰のDD51もいたんですね~。
遺憾ながら、どうにも撮れないのがくやしかった・・・



EF61の特徴である野八用の自動連結器解放装置を最後に・・・。





鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい

コメント

SL-10

No title
こんばんは。

よだれが出ますね。
小郡、何で名前を変えちゃったのでしょう。
小郡の方が良いのに…

ひで

No title
末期はこんなところにいたんですね。
EF58100、思い出の機関車です。最後の姿を撮影されていたんですね!

おざよう

No title
> SL-10さん
なんで変えたんでしょ?
政治的な意図があるのかな?

膨大な数の機関車・・・大半の機番が判らないのが悲しいです(T_T)

おざよう

No title
> ひでさん
お互い思い出の機関車ですよね。
この駅で故障して、そのままココに留置~廃車になったのですから、余程重篤な故障だったのかな?
その荷物列車を代走したのがEF66-901。時間が悪かったのか未だに画像を見たことないのが不思議で。

ひで

No title
あと驚いたのはEF61の自動連結器解放装置。こんな原始的なわかりやすいものだったんですね!

おざよう

No title
> ひでさん
EF59やEF61-200・EF67-0もよく見ると全く同じ仕組みなんです。
ただEF61-0やD52の時代の走行解放は空気管を繋がずに後押ししていたから、連結器を解放するのは単純でした。

一方EF59以降の走行解放は空気管を繋いでいたので、走行解放出来る貨車には制限がありコキ10000系とレサ10000系、コキ104-10000などの空気管付連結器を装備した貨車に限られました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ