1984年夏九州・中国地方遠征13(サルベージ画像)

サルベージ画像の続編です。前回記事はコチラへ。

たぶん・・・ですが、小郡で撮影後、広島に向かったようです。たぶん広島駅前のビジネスホテルにでも宿泊したのかな??
広島に到着したのが夕方遅い時間帯だったのかな?
ホームにいた可部線の105系を数枚撮影しています。その後は翌朝撮影と思われる野八になっていますので・・・。

その105系ですが・・・。

先頭はクハ104-22です。宇部配置の105系です。広島局の朱1号塗色です。



こちら側の105系は塗色が違っていました。よく見ると扉が4枚あるし・・・。



今見ると所属標記は「天ナラ」奈良電車区で、車番はクモハ105-516。103系1000番台のモハ103-1015を運転台を付け105系化した車両です。この車両とクハ105-1は和歌山線用に改造された車両ですが、落成時期が早かったので、5月~9月までは可部線で運用されていたそうです。


本当はこちらの運転台が撮りたかったのです。クハ103-1016改造のクハ105-1です。こちらも当然和歌山線色になっています。



どうにか103系1000番台の顔が撮りたくて、無理矢理縦アングルで撮影しました。




鉄道コム左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

  人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さ

コメント

gmhtcyhn

No title
千代田線に乗入れていた103系1000番台が、大改造されて転用された衝撃を、今でもはっきり覚えてます。
転用された車両が不運かと思いきや、首都圏に残った車両よりはるかに長生きしてますね。
そんな4扉の105系も、引退が近いようですね。

おざよう

No title
> gmhtcyhnさん
そう言われてみると105系化された車両は、改造されなかった車両よりかなり長生きしていますねぇ~(^-^;)
撮りたいのですが・・・(*_*)

SL-10

No title
こんばんは。

ナイス!です。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ