吹田扇形庫のEF61-201はやはりナンバーすり替え機なのか?

「吹田機関区扇形庫で保存されていたEF61-201が実はEF61-210だった・・・」
の電気機関車EXの記事をもとに本当か!という記事を少し前に書きました。

その記事に頂いたコメントに
「瀨野放置のEF61-201は非デッキ側の手すりの長さが吹田扇形庫保管のEF61-201と比べて違う!」
といった内容でした。

そんな違いは初耳だったので、初代ブログ画像で見直しましたがイマイチ判りにくい(^_^;
こうなったら元画像からチェックして確認しよう!ということになりました。


まずは瀨野機関区放置のEF61-201
s-016-029-1.jpg

そして、吹田扇形庫保管のEF61-201モドキ?(再スキャン)
s-61-201sai1.jpg

どうです?気がつきました??



もっとトリミングした画像で・・・。
016-029-1-1.jpg
瀨野区放置のEF61-201

61-201sai2.jpg

気がつきました??
瀨野機関区放置のEF61-201の非デッキサイドの助手席側手すり・・・短いですよね~。青色部分まで達していません。
一方吹田扇形庫保管のEF61-201モドキ・・・。同手すりが青色部分まで伸びています。
これだけで判断するなら、この2機は明らかに別のカマと推定出来ます。
もっとも、手すりは簡単に交換できるモノなので、これだけで吹田EF61-201車番すり替え説の決定打にはならないです。
でも、かなりすり替え説は正しいような気がしてきました(;゚ロ゚)



ついでにその元カマと言われているEF61-210の現役時代の画像もUPします。
s-018-025-1.jpg
コキ50000系を後押しするEF61-210

018-025-1-1.jpg
そのトリミング画像・・・。やっぱり助手席側手すりは長いですねぇ~(^0^;)

雑誌写真や手持ちの画像を見ましたが、EF61-201以外に短い手すりの機関車は発見出来なかったです。ただ、EF61-203は非デッキ側の画像がないので、どんな形態か判りませんが・・・。



この記事に関するコメントをお待ちしております(_ _)








鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい











現在の閲覧者数:
























コメント

-

はじめてコメントします。いつも楽しみに見ています。
すり替え説、正しそうですね。乗務員ドア前の屋上に上るステップも201は5段ですが、210は4段ですね。EF60を含めて5段のものは少ないようです、というか他機では見つけられませんでした。201独自の特徴かもしれません。こういう話題は大好きです!

まっち

たぶんすり替えでしょうね
敦賀の展示のEF70 1も実際は4号機だったみたいで
国鉄時代はこうゆうのもありだったんですかね

おざよう

Re: タイトルなし
>乗務員ドア前の屋上に上るステップも201は5段ですが、210は4段ですね。EF60を含めて5段のものは少ないようです、というか他機では見つけられませんでした。

重要なコメントありがとうございます(_ _)
確かに昇降はしごの段数が違いますね~。これは気がつかなかったです(~_~;)

で、ついでに調べてみました。EF60は1号機と2号機が試作車で3号機~14号機が一時量産車となります。
ひょっとして昇降はしご5段なのはEF60試作車の特徴なのでは?と考え、EF60-2の画像をネット上で探しました。
http://t-yosi.o.oo7.jp/jpg/okakiku01.jpg
この画像が一番鮮明かと思いますが、はしごは5段あります。
EF60-3も調べましたが、はしごは4段でした。私のEF61-203画像もはしご4段ですし・・・。

EF60-2はEF61-202への改造が見送られましたので、EF61-201のみがはしご5段と推測できますね。
となると吹田扇形庫放置のEF61-201は他機の車番すり替えはほぼ間違いないようです。
なお、広島に放置されていたEF61-201ははしご5段を確認しています。

情報ありがとうございました。

おざよう

Re: タイトルなし
> たぶんすり替えでしょうね
> 敦賀の展示のEF70 1も実際は4号機だったみたいで
上記コメントのように、すり替え説はほぼ間違いないようです。
松任で保存されていたEF70-1とEF70-4・・・どちらも目撃があるみたいですが、それぞれの機番で展示されていた事があるのでしょうか?しかも、近年松任では目撃されていないので、解体されたようですし・・・。
また、長浜保存のED70-1も怪しい説がありますし・・・。
名鉄でも「なまず」など結構やってますから、昔は「よくある話」だったのかもしれないですね。

碧電宮

すり替えついでに。
京都鉄道博物館のキハ813も車体の特徴から実はキハ815ではないかという説があります。
解体予定で搬入された高砂工場に当時お勤めだった内部の方のブログがありますが、その方は3番のはずというご認識のようです。

おざよう

Re: タイトルなし
>>碧電宮さん

> 京都鉄道博物館のキハ813も車体の特徴から実はキハ815ではないかという説があります。
すり替えがよく行われるのは『偽ファーストナンバー』を造るケースが多いのですが、この場合何でやったのか意味不明ですねぇ~(^。^;)

っていうか、あのキハ81のフォントが全然違うヘッドサインは何とかならないものかなぁ~といつも思っています(^。^;)

碧電宮

EF61-200の記事なのでこれ以上引っ張るのは控えますが、少しだけ。

昭和54年、53-10改正で引退したでキハ81-3と81-5は2両とも解体予定で高砂工場にいました。元職員のブログではナンバーがはがされています。その他、他車に転用予定でいろいろ部品を外していたようです。
キハ81-3を搬出したことになっているが、実は81-5で、想像ですが、81-5のナンバーははがすのに失敗して歪んだり割れたりしたので仕方なくもう1両のを使ったとか、業者の担当者がいい加減で、テキトーにあったのを貼ったなんてことが考えられます。職員の方も搬出しているのを見ていないそうです。
「くろしお」マーク、あのままはないですよね。

おざよう

Re: タイトルなし
>>碧電宮さん
なるほど・・・そういう理由で改番される可能性もあるのですね~。

名鉄も一時期変な改番をよくやっていましたね~。
モ852→モ851なまず保存車との振替 とか 3400系の3403F→3401Fにしたりとか・・・(;゚ロ゚)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ