豊橋鉄道市内線にて(2020年3月11日撮影)

赤岩口でアレコレ撮った後は少し時間があるので市内線を撮るつもりでした。
しかし、赤岩口到着前にすれ違ったのが「ほっトラム」T1000型「試運転」表示で走る姿。
これは記録しておきたい。市内線の試運転は通常赤岩口から定期列車の続行で出発します。そして新川など折り返し設備のある駅で折り返し、再び定期列車の続行で戻ってくるパターンが多いようです。

今回フリー切符は使わずにmanacaで乗車しています。もともと赤岩口を往復するだけの予定でしたから。
T1000型を赤岩口で撮っても仕方ないし、電車に短区間乗車するのももったいない。
ってなわけで、運動も兼ねて豊橋方面に一定距離撮りながら歩く事になりました(~_~;)


最初に赤岩口~井原で撮れたのが・・・。
DSC_8467.jpg少し前にデビューしたばかりのモ802ブラックサンダー号でした。運転士も女性運転士さんです。毎回見ますが、髪型が違うのか別の人なのか?いつもとイメージが違うような・・・(;゚ロ゚)



次に井原電停でいつものように撮りました。
DSC_8470.jpgモ3502ヤマサちくわ号です。


井原で電車に乗るつもりでしたが、まだ時間がありそうなので、もう少し歩くことに。
DSC_8472.jpgモ782カスタムハウジング号が来ました。


結局、歩き続けたら競輪場前電停まで着いちゃいました(^^ゞ
T1000型が見えます!
この電停は豊橋方面から来る電車は通常行き違いのため停車します。これはチャンス!と電停より豊橋駅前寄りのポイントまでダッシュしました(^0^;)
DSC_8474.jpgT1000型「試運転」が前に入ったようで、モ784日本通運号が続行しています。

DSC_8477.jpg競輪場前を出発したモ3502ヤマサちくわ号と離合します。

DSC_8480.jpgT1000型が青信号で出発。ただこの行先表示器は高速シャッターで撮ると肝心の「試運転」表示が写らないので、スローシャッターで流し気味で撮りました。




DSC_8488.jpgいつからかは知らないのですが、競輪場前にあった市内線の営業所が解体・撤去されていました。新築するのかな??

DSC_8486.jpg隣接のビルが営業所になっていますが、こちらも工事が行われており、足場が組まれているので、足場と支障する留置線1本が使用中止になっていました。

DSC_8485.jpgなお使用中の1本の留置線にはモ3501サーラグループ号110thロゴを追加されて留置されていました。

一段と模型みたいな留置線になっちゃいました(~_~;)


2020年3月11日撮影







鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい





現在の閲覧者数:







コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ