樽見鉄道客車桜臨時列車(1999年~2005年)

ネタ切れに近い状態なので、「桜と鉄道」で過去画像を捜索しました。

そのテーマだと一番撮ってるのが 樽見鉄道
次に撮ってるのが 大井川鐵道 かな??

今日は開業時から2005年まで運行していた樽見鉄道の客車列車のうち、淡墨桜多客輸送の臨時客車列車の画像を1999年から2005年までの画像をまとめてみました。

★1999年
TR1999.jpg谷汲口駅の鉄板アングルです。昨今は撮りにくくなったようですが・・・。客車に合わせて青色に塗装されたTDE11-314系客車5両です。まだ14系客車がキレイだった頃かな?なお、正式には14系ではなくて、オハ2000形という形式だとか・・・。現役当時知らなかった(~_~;)

TR1999-2.jpg上記画像の4日後に撮影したもの。谷汲口駅の反対側で、当時は普通に撮れたアングルですが、現在は撮れません。この日の牽引は一番JRのDE10に近い外観のTDE10-5で、客車は14系(オハ2000形)です。
左端に小さく写っているのが、最後の花見に来た私の母親です。長男の面倒をみてもらいながら鉄していました・・・。




★2000年
TR2000.jpg谷汲山大橋開通により誕生した新アングル。原色TDE10-5牽引のオハ1000形(旧12系)+トキ改造のうすずみ1形です。珍しくヘッドマークがないですね~(^_^;)


TR2000-2.jpgこちらは鉄板アングルのアレンジ版。前年に青色化されたTDE11-314系客車(オハ2000形)です。この頃から谷汲口駅の桜が徐々に傷みだしたのかな・・・。




★2001年
TR2001.jpgV字ラインが目立つTDE10-1号機牽引の14系客車(オハ2000形)です。この頃から14系客車の色がおかしくなってきました。5両中3両が中途半端な水色に塗られ、白線も省略されました。
なお、このアングルも現在では撮影禁止です。


TR2001-2.jpgオハ800形(旧50系)導入時に派手な色(ファンタジア色)に塗装されたTDE10-2号機牽引のオハ1000形(旧12系)+トキ改造のうすずみ1形です。
桜の咲き方にバラツキがあったので、アングルをいじって撮っています。





★2002年
TR2002.jpgこの年は桜の開花が異常に早かった年で、「樽見鉄道&桜」の写真が間に合わなかったようです。一部の臨時列車はレールバスで運んでいたはず・・・。V字ラインのTDE10-1牽引の14系客車(オハ2000形)です。この年は14系が全車水色化されましたが、ちゃんと白帯は復活していました。また、「うすずみブルーライン」のヘッドマークが装備されていました。

2002年はこの画像のみで・・・(~_~;)




★2003年
TR2003.jpg鉄板アングルのTDE10-2牽引のオハ1000形(旧12系)+トキ改造のうすずみ1形です。こちらはヘッドマークなしでしたが・・・。


TR2003-2.jpgTDE10-5牽引の14系(オハ2000形)です。14系はこの年再塗装され濃い青色になりました。白帯も1本ですが入っていました。この時代をTomixが模型化したんだったかな??「うすずみブルーライン」のヘッドマークも装備されています。




★2004年
なぜか画像が見つからないです。この年は行けなかったのかもしません・・・(_ _)



★2005年
この年はちょっと条件が異なりました。というのも既に住友セメントが翌年春に撤退する事を決めており、多くの機関車・客車を維持することが不可能になっていました。また、老朽化もあってオハ1000形(旧12系)やうすずみ1形は廃車になり放置されていました。
TR2005.jpg
残る客車は14系5両のみ。これを3両と2両に分割して臨時列車をまわしていました。TDE11-3号機牽引の14系(オハ2000形)2両という寂しい編成。でも、ヘッドマークは装備されていました。

TR2005-1.jpgこちらはTDE10-1号機牽引の14系(オハ2000形)3両編成です。こちらも「うすずみブルーライン」のヘッドマーク付きです。





★余談
TDE10/11は計5両いましたが、出自がいろいろで興味深いです。
【TDE10-1】樽見鉄道開業時に日本車輌で新製された。DE10タイプとしては最後の新車。
【TDE10-2】樽見鉄道開業時に衣浦臨海鉄道から譲渡された中古車(旧KE65-2)。1990年にファンタジア塗装となる。
【TDE10-3】樽見鉄道開業時に衣浦臨海鉄道から譲渡された中古車(旧KE65-5)。後述のTDE11-3号機導入と同時に廃車。高崎運輸に譲渡され、同社のDE10-108として最近まで動いていたらしい。
【TDE10-5】旧国鉄DE10-149で国鉄で廃車後、清算事業団所属になっていたものを1988年に購入し整備したもの。唯一SGを搭載され死重となっていた。
【TDE11-3】旧国鉄DE10-545。清算事業団所属だった同機を1990年西濃鉄道が購入しDE10-502とした。そして、1992年西濃鉄道で廃車になり樽見鉄道が購入(実質転籍)し、TDE11-3となる。なお、TDE10-3との区別のため、TDE11という形式になっているが、あくまで国鉄DE11とはベツモノで国鉄DE10である。1999年に青色に塗装変更された。




おぼろげな記憶ですと、TDE10-2号機が2005年冬に休車となり、TDE10-1号機が2006年早々に休車となり本巣駅構内に留置されました。しかし、当時の樽見鉄道は除雪車を持っておらず2005年の大雪では除雪が出来ず、TDE10/11を使って除雪したものの長期運休を招きました。それゆえ、廃線になった神岡鉄道の除雪車DB1形を2006年11月に無償貸出を受け、翌2007年に購入する事となりました。その除雪問題が片付くまでTDE10-5とTDE11-3は2007年まで車籍を維持して、時々エンジンを回していました。












鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい





現在の閲覧者数:
















コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ