元名鉄岐阜検車区にて(1)

リメイク記事です。

なお、今記事は車両解体画像が多数出てきますので、キライな方はスルー願います。
いちいちキライな画像を見て、クレームコメントを残すのはご遠慮下さい。



























岐阜市内線が廃止になったのが2005年3月末。
何度か元岐阜検車区を見にいきました。2005年10月にモ780型の未譲渡3両やモ880の改造未着手車両を撮っています。
その後、しばらく行かなかったのですが・・・。

次に行ったのは2006年1月30日になります。が・・・。

この訪問ではいきなり衝撃を受けました。
DSC_0002.jpgモ570型が構内を移動しているのを見た!という情報が入り、いよいよどこかに譲渡されるのかな?と思い見に行ったのですが・・・。
モ780などが搬出された一番南の線路に並んでいたのはモ574・モ571・モ572・モ606で、解体が始まっていたのです・・・(>o<)

モ570型は非冷房車ですが、都電6000型の類似形式で、ある意味「路面電車」のスタンダード的な車両と思っていたので、どこか購入してくれるんじゃない??と思っていました。
モ600型の解体はもっとショックでした。確かに非冷房ですし、他社では不要な複電圧車ですが、この個性の強い車両は譲渡が無理でもどこかに保存されないか・・・と思っていただけに・・・(O.;)


DSC_0007_20200426225005426.jpgモ572モ571。既に窓ガラスも外され、多くの機器を撤去され、台車は仮台車を履いていたので、仮台車の高さの違いでデコボコになっていました。



DSC_0008.jpg

DSC_0012_202004262250103f2.jpg
廃線半年前に突然白線を入れられ昔の姿に戻ったモ606。しかし、既に窓ガラスも多くの機器もない「箱」になっていました・・・。



DSC_0009_20200426225007544.jpgモ600型・・・愛称は「馬面電車」でした。屋根上に多くの抵抗器を積んでいたので、冷房車と間違えられることも・・・。近代的な外観のわりに古典的な台車を履いているミスマッチさなど人気のもとでした。

モ600型は6両存在し、うち3両が保存されました。しかし、モ603は岐阜市手力で保存されるも所有者の都合で営業形態がコロコロ変わった末に解体されるし、モ605は飛騨の旧清見村の旅館でカラオケルームとして活用され、旅館廃業後もしばらく残っていましたが、大雪で転倒してしまい解体されたらしいです。ただ、現場立入禁止なので確認されていませんが・・・。モ601のみ旧美濃駅に保存されていますが、室内の座席が全部撤去されているのが何とも残念・・・。




DSC_0011_2020042622500988c.jpg検車区として名鉄車両を検査する仕事は終了していましたが、福井鉄道向けの改造作業は行われていました。モ880型が福井鉄道色になって姿を現していました。




DSC_0016_2020042622501215b.jpg留置車の東端のフェンス網からレンズを突っ込んで撮った画像。搬出しやすい左側の留置線には昭和29年製のモ574が解体されているのに、その右側には大正15年製のモ514がピカピカになっている不思議さ・・・。モ510型モ593はこの時点でピカピカになっているので、モ570型の解体が住めば左側の留置線に移動し搬出されるのかな?と予想出来ました。


DSC_0017_20200426225014977.jpgまた、モ514らの右にはモ870型が未着手で放置されていました。モ606とは違い、こちらは冷房車。どこに売却されるのかな??と楽しみにしていたのですが・・・。



つづく。








鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ。左の文字をクリックしてからお帰り下さい





現在の閲覧者数:











コメント

ひで

廃車、解体の様子を見るのはつらいですが、これも歴史の貴重な一こまなんですよね。
つくづく残ってほしかったといまさらながらに思います。
昨年夏に所要で岐阜駅に行き、移設されたモ510を見て胸が熱くなりました。
良く帰ってきたねとねぎらいの言葉を心の中でかけた次第です。

おざよう

岐阜駅前
>>ひでさん
あの岐阜駅前のモ510は夜間ライトアップされていますし、週末は車内公開もしているらしいです。
まぁ今は中止していますが・・・。

ひで

週末車内公開!今度ぜひ立ち寄ってみます。昔を思いだしてみたいです。
あの揺れは体験できませんが・・(^^)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ